December 25, 2018 / 6:15 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円ちょうどまで下落、薄商いで値が飛びやすい

[東京 25日 ロイター] -

<15:13> ドル110円ちょうどまで下落、薄商いで値が飛びやすい

ドルは110円付近。110円ちょうどまで下落したが、その後は数銭幅での反発や反落を繰り返しながら、心理的節目となる110円を現時点では割り込んでいない。

この日の為替市場は、多くの海外市場がクリスマス休暇で休場となっているため、薄商いでボラティリティが上昇しやすい。

ドルが110円を下回った場合には、ストップ(損失確定のドル売り)を巻き込んで下げが加速すると見込まれている。

<13:15> ドル110円前半で下げ渋り、投機筋は米国債のショートを圧縮

ドルは110.16円付近。朝方一時110.05円と4カ月ぶりの安値をつけたが、その後、日経平均が下げ幅を拡大しても、110円前半に踏みとどまり、下げ渋っている。

米10年国債利回りは24日の取引を2.7365%で終了した。きょうは休場となっている。

現物債の利回り低下は、投機筋による先物ショートの圧縮と整合性が取れている

CFTCによると、米国10年国債先物の投機的部門のポジションは、12月18日時点で、38万0779枚のネットショート。前の週の39万3802枚のネットショートからショートが1万3023枚買い戻された格好となった。

同ショートは9月25日に75万6316枚と過去最高を記録したが、その後は減少の一途をたどり、「近々ロングに転換するのではないか」(米銀)との意見も出ている。

米国の株安が止まらないことや、米経済の減速を示す指標が増えてきたため。

<12:10> 正午のドルは110円前半、とりあえず110円割れを回避

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の110円前半。

朝方の取引でドルは110.05円まで下落したが、その後は、日経平均が前営業日比で1000円を超える下げ幅となったにも関わらず、110円前半で下げ渋った。

下げ渋りの原因は「クリスマス休暇で海外勢の参加が極端に細っているから」(証券会社)とされ、110円割れは時間の問題との見方が多い。

さらに、110円以下には強固なテクニカルサポートもないとされ、「110円を割り込めば、次は108円台が視野に入ってくる」(FX会社)との見方もでている。

また、ドルが110円を割り込めば、輸出企業によるドルの売り遅れが意識されやすいうえ、M&Aや証券投資をヘッジなし、または、低い為替ヘッジ比率で実施してきた企業や金融法人では「ドル売りヘッジ」のニーズが一気に高まることが予想され、円高に拍車がかかりやすいとみられる。

<11:23> ドル110円前半、1000円超す日経平均の下げに反応薄

ドルは110.16円付近。日経平均は前営業日比で一時1000円を超える下げ幅となったが、ドル/円相場の反応は鈍く、朝方の110.05円を下回るモメンタムはないもよう。

市場では「海外勢がクリスマス休暇明けとなる木曜日あたりから波乱含みの相場を予想している。きょうは東京勢しかいないので、110円割れを試すには役不足かもしれない」(FX会社)との意見が聞かれた。

ユーロは125.60円付近。朝方の高値126円ちょうどから徐々に軟化し、現在はきょうの安値圏だが、きょうは欧州市場も休場が多いため、下方向のモメンタムは弱い。

<10:40> ドル110.05円まで下落、米財務長官と米銀の協議に疑問符

ドルは110.29円付近。一時110.05円まで下落し、4カ月ぶり安値を更新したが、その後は日経平均が前営業日比900円を超えて下落しているにも関わらず、ドルは下げ渋っている。

市場では、23日のムニューシン財務長官と大手米銀トップの電話協議について、「なんの目的で協議したのか、わからない」(外銀)との声が複数聞かれる。

米国株式相場が下落する中、ムニューシン米財務長官は23日、大手米銀トップと電話協議を行った。財務省の発表によると、長官はバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)、シティ、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴの各CEOと協議した。

CEOらは貸し出しに充てる潤沢な流動性があることを確認した。長官は、各行で決済や証拠金に絡む問題が生じていないことや、市場が引き続き適切に機能していることも確認したという。

市場では、「米銀に流動性問題が発生していないなか、結局、株安を止めたいというトランプ大統領の意向を受けて、ムニューシン長官は動いたのではないか」(前出の外銀)という。

財務省によると、ムニューシン長官は24日にも、金融市場に関する大統領の作業部会で、金融監督当局者で構成する「プランジ・プロテクション・チーム」の電話会議を行う。このグループは世界的な金融危機に見舞われた2009年にも招集された。メンバーには米連邦準備理事会(FRB)や米証券取引委員会(SEC)の当局者が含まれる。

市場では「危機でもないのに、当局が危機時の対応を進めていることで、米国株はますます底入れから遠ざかってしまった」(邦銀)との意見が聞かれた。

「米国株の厚化粧が剥げ落ちたことで、トランプ政権の厚化粧もまた溶解してきている」(同)という。

<09:40> ドル110.17円まで下落、東京時間に110円割れあるか

ドルは110.17円まで下落し、前日ニューヨーク市場でつけた4カ月ぶり安値110.27円を下回った。

きょうは多くの海外市場がクリスマス休暇で休場となっているが、「東京の参加者だけで110円を下回るようなモメンタムは出にくい」(金融機関)との意見が聞かれる一方で、流動性が低くボラティリティーが高まりやすいので、ちょっとしたフローで110円を下回る可能性もあるとの指摘も出ていた。

110円を割り込むと、目先は強いテクニカルサポートもないという。

昨日の米国株の大幅続落やきょうの日経平均の大幅安、米長期金利の低下など、リスク回避の円買い材料には事欠かない。

こうしたなか、VIX指数(恐怖指数)は前日36.10と2月以来10カ月ぶりの高水準となった。

<08:22> ドル110円前半、トランプ大統領のクリスマスギフトに辟易

ドルは110.40円付近で小動き。

前日のニューヨーク市場では、米国株が大幅安、米長期金利は8カ月ぶり低水準となるなか、ドルはサポートとみられていた110.80円を割り込んで、110.27円と4カ月ぶり安値をつけた。

「金融市場はトランプ大統領からのクリスマスプレゼントに辟易(へきえき)している」(金融機関)との声が上がっている。

トランプ大統領は23日、来年2月末を予定していたマティス国防長官の退任を2カ月前倒しすることを決定した。当局者によると、マティス氏が辞表の中でトランプ氏の外交政策を暗に批判したことが原因だという。

トランプ氏は24日、自国経済が抱える唯一の問題が米連邦準備理事会(FRB)であるとの認識を示した。同氏はツイッターで「FRBは市場感覚に対する認識がない」とし、貿易戦争や強いドル、壁を巡る政府機関閉鎖について理解していないと指摘した。

また米紙によれば、トランプ大統領のアドバイザーがここ数日間に大統領とパウエルFRB議長の面会設定を協議したと報じた。

トランプ氏との良好な関係を保っているムニューシン米財務長官は23日、大手米銀トップと電話協議を行い、貸し出しに当てる潤沢な流動性確保を促したが、こうした財務長官の行動は、金融市場をかえって動揺させる結果となり、ダウ工業株30種平均は急落し、米10年債利回りは一時2.7330%と8カ月ぶりの低水準へと沈んだ。

一方、トランプ氏と議会民主党は24日も政府機関が閉鎖される事態となったことについて、相互に非難。議員やホワイトハウス当局者との間で新たな交渉が始まる兆しが見えない中、閉鎖は年明け以降も続く公算が大きくなった。

トランプ大統領が数々のクリスマスギフトを繰り出す中で、ダウ工業株30種平均は12月に入って既に4188ドルも下落。底値のめどが立たない中で、安全通貨としての円が買われやすい環境が続いている。

<07:39> ドル110.00─111.00円の見通し、流動性低い中でボラ上昇に注意

ドル/円は110.43円付近、ユーロ/ドルは1.1400ドル付近、ユーロ/円は125.75円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.00―111.00円、ユーロ/ドルが1.1370─1.1450ドル、ユーロ/円が125.50―126.50円とみられている。

この日は、多くの海外市場がクリスマス休暇で休場となっており、流動性の低下が見こまれている。こうしたなか「突発的な事象が発生すれば、ドルの振れ幅が拡大する可能性がある。特に下方向へのリスクには注意が必要だ」と外為アナリストは語る。

前日のニューヨーク市場では、米国株が大幅に続落したことや、米政府機関の閉鎖が長引く可能性が高まってきたことなどを背景に、ドルが売られ、円が全面高となった。

ムニューシン米財務長官は23日、大手米銀トップと電話協議を行い、貸し出しに当てる潤沢な流動性確保を促したが、こうした財務長官の行動は、金融市場をかえって動揺させる結果となり、ダウ工業株30種平均は急落し、米10年債利回りは一時2.7330%と8カ月ぶりの低水準へと沈んだ。

同財務長官は24日に「プランジ・プロジェクション・チーム」(市場の急落を阻止するチーム)とも呼ばれる金融当局者との電話協議を行う見通しだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below