February 13, 2019 / 12:43 AM / 5 days ago

〔マーケットアイ〕外為:クロス円堅調、投機筋は年末株安時に円買い戻し

[東京 13日 ロイター] -

<09:34> クロス円堅調、投機筋は年末株安時に円買い戻し

日経平均が寄り付き直後から200円超の上昇となり、外為市場では円が全般に弱含んでいる。ユーロが125円前半、豪ドルが78円半ばと、円はともに6日以来1週間ぶり安値をつけた。ドルは110円半ばでもみあい。

米商品先物取引委員会(CFTC)は12日、政府機関の一部閉鎖で遅れていたIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組状況を公表。1月15日までの週に、円は差し引きで4万6421枚の売り越しだった。

投機筋の円売りポジションは昨年12月前半時点で10万枚超と、1月に記録した昨年最大の12万枚へ迫る規模だった。年末にかけて米株が急落する中、その持ち高を急速に圧縮した形だ。

<07:53> ドル110.00─111.00円の見通し、クロス円堅調か

きょうの予想レンジはドル/円が110.00―111.00円、ユーロ/ドルが1.1280─1.1370ドル、ユーロ/円が124.80―125.80円とみられている。

前日海外では株高を背景にドルと円が軟化。クロス円の底堅さが目立つ展開となった。 トランプ米大統領が米中通商協議は「極めて順調」で「期限を若干延長することができる」と述べたことが、市場の楽観ムードを助長したという。

アジア株が海外の流れを引き継いで堅調さを保てば、円が売られやすい地合いも続くことになる。ただドル/円は当面レンジ推移を予想する声が大勢で、111円台が近づくと売りが出やすい。個人も「買いが減って売りが増えてきた」(FX会社)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below