February 28, 2019 / 10:43 PM / in 8 months

〔マーケットアイ〕外為:ドル110.90─111.90円の見通し、前日の余韻で111円台を維持か

[東京 1日 ロイター] -

<07:29>ドル110.90─111.90円の見通し、前日の余韻で111円台を維持か

ドル/円は111.38円付近、ユーロ/ドルは1.1372ドル付近、ユーロ/円は126.63円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.90―111.90円、ユーロ/ドルが1.1320─1.1420ドル、ユーロ/円が126.10―127.10円とみられている。

前日のニューヨーク市場では、昨年第4・四半期の実質国内総生産(GDP)伸び率が2.6%増と、市場予想の2.3%増を上回ったことや、シカゴ地区購買部協会景気指数が64・7と予想の57を大幅に上回ったことから、ドルは111.49円まで上昇し、昨年12月20日以来の高値をつけた。

米国債市場では、両経済指標を受けて、短期債から長期債まで全ての年限で利回りが上昇し、ドル買いのインセンティブとなった。

テクニカル面では、ドルが111.30円付近の200日移動平均線を上回ったことで、上昇に弾みがついた。

この日は「前日のドル買い余韻で東京市場でも111円台を維持する公算が大きい。ただ、今夜には米個人消費や米ISM指数の発表が予定され、注意が必要だ」(外為アナリスト)という。

東京時間の午前には、クリーブランド地区連銀のメスター総裁の発言やFRBのパウエル議長の発言が予定されているほか、中国財新/マークイットによる中国購買担当者景気指数(PMI)の発表が予定され、注目される。

前日、中国国家統計局が発表した2月の中国製造業PMIは49.2と前月の49.5から低下し、2016年2月以来3年ぶりの低水準となった。業況改善・悪化の分かれ目となる50を3カ月連続で下回った。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below