March 10, 2019 / 11:17 PM / 6 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル110.60─111.60円の見通し、習主席が訪米を取り止めとの報道も

[東京 11日 ロイター] -

<07:45> ドル110.60─111.60円の見通し、習主席が訪米を取り止めとの報道も

ドル/円は111.06円付近、ユーロ/ドルは1.1234ドル付近、ユーロ/円は124.79円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.60―111.60円、ユーロ/ドルが1.1180─1.1280ドル、ユーロ/円が124.30―125.30円。

朝方の取引でドルは軟調で、一時110.90円まで下落した。背景として、先週末に伝わった米フォックス・ニュースの報道が考えられるという。

米フォックス・ニュースは8日(日本時間9日朝)、中国の習近平国家主席の訪米がキャンセルされたと報じたという。

トランプ米大統領は8日、中国との通商協議で妥結できると確信しているが、通商合意のいかんにかかわらず、米国は安泰との考えを示した。

米中通商協議を巡っては、一部議員や企業の間から、トランプ大統領が来年の大統領選を前に成果を出すため、構造問題などに対応しない合意を受け入れるのではないかとの懸念も出ている。

中国商務省の王受文次官は9日、米中通商協議について、両国は関税の撤廃など双方の利益と世界の期待に見合う合意に向けて「昼夜を問わず」引き続き取り組んでいると強調した。全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の合間に記者会見で述べた。

8日のニューヨーク市場では、2月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が2万人増と、市場予想の18万人増を大幅に下回ったことを受け、米長期金利が一時2カ月ぶり水準まで低下し、ドルは110.75円まで下落した。

しかし、平均時給の伸びが0.4%増としっかりだったことから、ドルはその後買い戻された。

今日11日は「今回のドル安のきっかけが(先週発表された)中国の輸出の急減だったこともあり、引き続き中国経済関連のヘッドラインに注意したい」(外為アナリスト)との声が聞かれた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below