March 14, 2019 / 6:45 AM / in 6 months

〔マーケットアイ〕外為:ドル111円半ば、中国小売売上高は他の指標と乖離との声

[東京 14日 ロイター] -

<15:31> ドル111円半ば、中国小売売上高は他の指標と乖離との声

ドルは111円半ばで底堅い。

スポット市場の人民元は1ドル=6.7137元付近。取引終盤で弱含んでいる。

中国国家統計局がきょう発表した1―2月の中国小売売上高は、前年比8.2%増と、予想の8.1%を上回った。

しかし、金融市場では、きょうの小売データと他の指標との整合性が取れないとの意見が聞かれた。

中国汽車工業協会(CAAM)が11日に発表した2月の自動車販売台数は前年同月比13.8%減の148万台と8カ月連続で減少した。

1─2月は前年同期比14.9%減、1月は16%減だった。

自動車業界幹部は1─2月の販売は春節(旧正月)の祝日による影響を受けることが多いと指摘した。春節前後は自動車の購入を控える傾向があるという。

また、中国税関総署が8日に発表した2月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比20.7%減となり、2016年2月以来の大きさとなった。輸入も3カ月連続で減少した。

「中国では消費の冷え込みを反映して、昨年末から自動車生産が2桁の落ち込みを見せている。さらに、春節の消費も弱かったことがデータで確認できる。こうした指標と1―2月の小売大幅増には相当の乖離がある」(国内エコノミスト)という。

<13:11> ドル111円半ば、1―2月の中国鉱工業生産17年ぶりの低い伸び

ドルは111.51円付近。

正午過ぎの取引でドルは111.50円をしっかりと上抜け、ストップ(損失確定の買い戻し)を巻き込んで、一時111.62円まで上昇した。

しかし、この日は日経平均がさえない値動きをしていることや、午前に発表された中国の鉱工業生産が17年ぶりの低い伸びにとどまったこと、上海総合指数が値下がりしていることなどで、ドルは伸び悩み、8日につけた高値111.65円を目前に折り返して下落した。

中国国家統計局が14日発表した各種経済指標によると、1─2月の鉱工業生産は前年同期比5.3%増。伸び率は予想の5.5%を下回り、2002年初頭以来の低水準となった。昨年12月は5.7%増だった。

中国経済は今年、29年ぶりの低成長に陥ると見込まれており、政府は景気支援を強化している。過去に実施したような大規模な刺激策は取らないとしているが、李克強首相は先週、追加の減税・インフラ投資を発表した。

<12:08> ドル一時111.50円、1週間ぶり高値 ポンドも堅調

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の111円半ば。一時111.50円まで上昇し、8日以来約1週間ぶり高値をつけた。

年度末を控えた国内勢の買いが目立ったほか、中国で発表された1─2月の経済指標が底堅さを見せたことも、下値を支えたという。

英ポンド/円もドル/円の上昇につれる形で、147円後半から148円前半へ小幅上昇した。

ただ市場では、きょう議会で離脱期限の延長が可決されたとしても「総選挙(実施の可能性)をはじめとして、政治リスクは高まる。ポンド相場の下振れリスクも生じるため、英国資産は当面ボラティリティの高い状態が続く」(ゴールドマンサックス)との指摘が出ていた。

<09:15> ドル111円前半、ボーイング株下げ止まりも円安材料

ドルは111円前半。前日NY市場終盤の水準から目立った動きはない。日経平均は200円超の上昇で寄り付いた。

前日に円とドルが弱含み、ややリスクオンムードとなった一因に、ボーイング株の下げ止まりを指摘する声も出ている。墜落事故の後、同型機の運行停止が相次ぐなど問題の深刻さに対する懸念が広がり始めると同時に、同社株は大きく下落。構成比の高いダウ平均も含め、米株全般の押し下げ要因となりかねなかったためだ。

同社株は前日、米国の運航停止発表を受けて一時3%超下落したが、大引けでは0.5%のプラスだった。

<07:57> ドル110.80─111.60円の見通し、地合いは楽観ムード

きょうの予想レンジはドル/円が110.80―111.60円、ユーロ/ドルが1.1300─1.1360ドル、ユーロ/円が125.70―126.60円。

海外市場では円とドルが弱含みとなった。英下院が合意なき欧州連合(EU)離脱を排除する提案を賛成多数で議決し、「当面の最大の懸念が後退」(トレーダー)。株高も背景となり、リスクオンムードに傾いたという。

だが一段の円安、ドル安進行には警戒感もつきまとう。英ではきょうも離脱期限延長に関する採決が行われる予定。当初から事前予想を覆す結果となることが少なくないテーマだけに、予断は許されない。

日中には中国で、1月小売売上高などいくつかの経済指標が発表される。リスクオンムードを勢いづける内容となるのか、株価の反応が要注目だ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below