April 10, 2019 / 12:33 AM / 15 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル111円前半、米求人件数の大幅減にも懸念

[東京 10日 ロイター] -

<09:20> ドル111円前半、米求人件数の大幅減にも懸念

ドルは111.15円付近で上値が重い。日経平均は寄り付きで200円超下げ、円買いムードが継続している。

前日に進んだ円高の一因として、米経済指標の悪化を挙げる声も出ていた。労働省が発表した2月の求人労働移動調査(JOLTS)では、求人件数が53万8000件減の708万7000件と、18年3月以来約2年ぶり水準へ急減。前月比の減少幅も15年8月以来、3年半ぶりの大幅な落ち込みとなった。

「求人件数の減少はサービス業で幅広く見られる。今年第1・四半期の労働需要の減速を示唆する内容」(ゴールドマンサックス)という。

<07:57> ドル110.70─111.60円の見通し、円堅調地合い

きょうの予想レンジはドル/円が110.70―111.60円、ユーロ/ドルが1.1200─1.1300ドル、ユーロ/円が124.70―125.70円付近。

海外市場はリスク回避ムードが先行して、円が買われる展開。トランプ米大統領が、欧州連合(EU)から輸入する110億ドルの物品に関税を導入することを明らかにし、世界経済の足かせとなる可能性を危惧する見方が広がったほか、「来週から始まる日米貿易交渉に対する警戒感も強まった」(トレーダー)という。

ただ、きょうは実需の売買が集中する5・10日であること、根強いレンジ相場見通しなどから、110円台では国内勢の買い意欲が強いとの指摘も少なくない。大幅に円高が進む公算は、それほど大きくならない見通しだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below