April 15, 2019 / 2:24 AM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル112円付近、中国景気の回復期待でも伸び悩み

[東京 15日 ロイター] -

<11:15> ドル112円付近、中国景気の回復期待でも伸び悩み

ドルは112円付近。

前週発表された中国の貿易統計で、3月のドル建て輸出が前年比14.2%と予想の7.3%を大幅に上回ったことを手掛かりに、中国景気の早期回復期待が広がり、12日からリスクオンの地合いが続いている。

しかし、ドル/円は朝方に112.09円の高値をつけてからじり安となり、現在は伸び悩んでいる。

一方、ムニューシン米財務長官による為替条項を巡る13日の発言を受け、ドルは「10―15銭程度、下押ししたが、ほとんど目立った反応はなかった」(FX会社)とされ、「(ドルは)上にも下にもいけない状況に陥っている」(同)という。

市場は今週中に発表されるとみられる米国の為替報告書に関心を注いでいる。

<08:38> ドル112円付近、故金日成主席の生誕記念日は波乱なしか

ドルは112.05円付近でじり高。今年の年初来高値112.13円を上抜ければ、上方向の視界が広がってくるという。

ユーロは126.67円、1.1306ドル付近。12日の東京市場では、邦銀が独銀から航空機ファイナンス関連事業を買収する計画に伴う需要が見込まれ、ユーロ高/ドル安となったが、ニューヨーク市場でも同じテーマでユーロが買い進まれた。

きょうは故金日成主席の生誕記念日にあたり、前週から北朝鮮の首都平壌では祝賀行事が行われている。過去には生誕記念日の軍事パレードで大陸間弾道ミサイルを展示した経緯もあり、「きょうは何もないと思うが、一応気に留めている」(国内銀)との意見が聞かれた。

北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、米国の態度が適切なら3回目の米朝首脳会談に応じてもよいとの考えを示した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が12日に報じた。

前回の会談の二の舞であれば再会談は望ましくないと指摘。ただトランプ米大統領との個人的な関係は良好だとし、米朝が合意できるかは米国の態度次第だと強調した。

<07:34> ドル111.50─112.50円の見通し、米財務長官は為替条項導入を目指す

ドル/円は111.98円付近、ユーロ/ドルは1.1304ドル付近、ユーロ/円は126.53円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が111.50―112.50円、ユーロ/ドルが1.1230─1.1330ドル、ユーロ/円が126.20―127.20円とみられている。

ムニューシン米財務長官は13日、日本との貿易協定に為替操作を防ぐための条項を盛り込むことを目指す考えを示した。日米交渉で自動車の輸入枠を求める米国側の要求は現時点で聞いていないとも語った。

早朝の取引では、為替相場は米財務長官発言に目立った反応を示していない。

ドルは12日のニューヨーク市場の取引で一時112.09円まで上昇した。

ドル高の背景は、中国の3月の輸出が力強い数字だったこと、ユーロ圏の鉱工業生産が予想を上回る結果となったこと、JPモルガンの好決算やウォルトディズニーの動画配信サービス開始の報道を受けて米国株が大幅に上昇し、全般にリスクオフの雰囲気が広がったことだ。

ただ、ドルは年初来高値112.13円はトライし切れなかった。きょうも「日米通商交渉を巡り警戒感が強まっている」(外為アナリスト)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below