September 12, 2019 / 11:07 PM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル107.80─108.50円の見通し、ECB新政策は評価定まらず

[東京 13日 ロイター] -

<08:02> ドル107.80─108.50円の見通し、ECB新政策は評価定まらず

きょうの予想レンジはドル/円が107.80―108.50円、ユーロ/ドルが1.1000─1.1100ドル、ユーロ/円が119.00―120.00円付近。

欧州中央銀行(ECB)理事会後のユーロは乱高下。1.10ドル前半からいったん1.09ドル前半まで急落した数時間後、1.10ドル後半まで大きく切り返した。

市場では、ユーロの急反発について様々な見方が示されている。ドラギ総裁が「財政政策が主導する時期に来ている」などと述べたことで「ユーロ圏のリスク資産がサポートされ、対外投資が活発化する」(外銀)こと、トランプ米大統領の側近らが追加関税の一部先送りや撤回につながる限定的な合意案の提示を検討したとの報道を受け、リスクオン的にドルと円が売られたとの見方や、「ECBの決定は市場想定の範囲内だったので、短期筋の買い戻しが活発化した」(トレーダー)ことなどだ。

決定に対する市場の評価はまだ定まっていない状態で、日中も様々な思惑から売買が交錯しそうだ。きょうは中国が休場で取引量が少なくなるため、値が振れづらくなる可能性もある。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below