September 16, 2019 / 10:48 PM / a month ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル107.60─108.60円の見通し、リスク回避で地合いでドル堅調

[東京 17日 ロイター] -

<07:33> ドル107.60─108.60円の見通し、リスク回避地合いでドル堅調

ドル/円は108.10円付近、ユーロ/ドルは1.1002ドル付近、ユーロ/円は118.93円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が107.60―108.60円、ユーロ/ドルが1.0950─1.1050ドル、ユーロ/円が118.40―119.40円。

前日終盤のニューヨーク外為市場ではドルが主要通貨に対して上昇した。

サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコの石油施設に対する攻撃を受け、原油価格が急騰。その後、トランプ米大統領が必要に応じて米戦略石油備蓄を放出することを承認したと表明し、原油は上げ幅を縮小した。

外為市場ではリスク回避ムードが広がり、ドルと円が同時に買われる状況となったが、終盤までに円高は収束した。

きょう17日は「明日から米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、(ドルの)極端な上昇も下落もなさそうだ」(外為アナリスト)とみられている。

海外市場では「108円台は頭打ちになっているが、地合いとしては上方向が維持されるだろう」(同)との見通しが示されている。

早朝の取引では、米国が関税障壁に関して日本と暫定的な合意に達したというトランプ大統領の発言が伝わった。

トランプ氏によると、日本と数週間以内に合意手続きに入るとともに、デジタル貿易に関して日本と行政協定を結ぶ意向だという。

今のところ、外為市場はこの報道に対して目立った反応を見せていない。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below