September 17, 2019 / 10:55 PM / a month ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル107.60─108.60円の見通し、FOMC待ちで方向感でにくい

[東京 18日 ロイター] -

<07:47> ドル107.60─108.60円の見通し、FOMC待ちで方向感でにくい

ドル/円は108.09円付近、ユーロ/ドルは1.1071ドル付近、ユーロ/円は119.71円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が107.60―108.60円、ユーロ/ドルが1.1020─1.1120ドル、ユーロ/円が119.20―120.20円とみられている。

前日のニューヨーク市場では、きょうまで開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、ドルは小幅なレンジに収まった。この日も前日に続き、ドルの値幅は出にくく、方向感も出づらいとみられる。

日本時間の明日未明に結果が明らかになるFOMCでは、「25ベーシスポイントの利下げが確実視されているが、ドットチャートやパウエル議長の会見で、年内の利下げペースを探りたい」(外為アナリスト)という。

為替相場への影響については「前週開かれたECB(欧州中央銀行)理事会の直後にユーロが大幅に売られ、その後まもなく大幅に買い戻されるなど、ボラタイルな反応を示した。ドルも同じようにFOMCを挟んで値幅が大きくなる可能性がある」(同)という。

原油市場では、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相が17日、週末に攻撃を受けた同国の石油供給が9月末までに完全に復旧すると発表した。これを受けて、前日大幅に上昇した原油価格が反落し、米長期金利も低下して、ドルは108.06円まで下押しした。 ユーロ/ドルは、ドイツの欧州経済センター(ZEW)が17日発表した9月の独ZEW景気期待指数はマイナス22.5で、8月のマイナス44.1から改善したことで、ユーロのショートカバーが広がり、1.10ドル後半まで上昇した。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below