September 23, 2019 / 10:42 PM / 25 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル107.00─108.00円の見通し、米中や日米通商協議を警戒

[東京 24日 ロイター] -

<07:37> ドル107.00─108.00円の見通し、米中や日米通商協議を警戒

ドル/円は107.50円付近、ユーロ/ドルは1.0996ドル付近、ユーロ/円は118.26円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が107.00―108.00円、ユーロ/ドルが1.0950─1.1050ドル、ユーロ/円が117.70―118.70円とみられている。

前日の海外時間には、ユーロ圏の経済指標が軒並み悪化したことで、ユーロ圏債券の利回りが低下し、ユーロ/円などのクロス円が下落した。クロス円での円高はドル/円にも波及し、ドルは一時107.32円まで下落した。

きょうは、「クロス円での下値リスクに加え、米中通商協議の雲行きがあやしくなっていることや、日米通商協議で車がどうなるか不透明なこともあり、円にはじり高の圧力がかかりそうだ」(外為アナリスト)という。さらに、クロス円での下値リスクも引き続き警戒されるという。

9月のドイツ総合PMI速報値は49.1で、6年半ぶりに50を下回った。9月のフランスの総合PMI速報値も51.3と、前月の52.9から低下した。 これを受け、ユーロ圏金融・債券市場では独10年債利回りがマイナス0.59%と、ECBがマイナス金利の深掘りを含む包括的な緩和策を決定した12日の理事会以降で最低水準を更新した。

ムニューシン米財務長官は23日、米中通商協議が来週ワシントンで再開されると述べたが、中国当局者らが米農業地帯の視察を中止したことについて、米政権が要請したと明らかにした。

トランプ米大統領は20日、中国との「全面的な」通商合意を望んでおり、中国による米農産品購入だけでは不十分と言明した。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below