October 9, 2019 / 12:07 AM / 9 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル106円後半、107円ちょうどに巨額オプション

[東京 9日 ロイター] -

<09:03> ドル106円後半、107円ちょうどに巨額オプション

ドルは106.95円付近で上値の重い展開。市場では前日から続く円高の流れに加え、107.00円をストライクとするオプションが今日まとまって期限を迎えるため、関連売買でドルの上値が重くなりやすい可能性を警戒する声が出ている。

米国証券保管振替機関によると、権利行使期限を迎える107.00円ストライクのオプションは24億ドル超。

<08:01> ドル106.50─107.50円の見通し、円堅調か

きょうの予想レンジはドル/円が106.50―107.50円、ユーロ/ドルが1.0920─1.1000ドル、ユーロ/円が116.80―117.60円付近。

米中交渉への懸念から、海外市場では株安/円高が進行。ドルは前日日中高値の107円半ばから106円後半へ売られた。中国交渉団が訪米日程を1日繰り上げ、当初の12日ではなく11日に帰国することを決めたとの報道、 米国務省が中国政府・共産党当局者に対するビザ発給を制限すると発表したこと、米国が中国への投資を制限する可能性があるとの報道などが重なり、リスク回避ムードが高まったという。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、短期金融市場の円滑化を確実にするため、保有資産を再び拡大させる考えを示したことが、ドルの下支えになったとする見方もあったが、ドイツのメルケル首相が、ジョンソン英首相のまとめた欧州連合(EU)離脱案の代替策で合意できる公算は「圧倒的に小さい」と述べたことも、市場心理を不安定にした。

こうした流れを引き継ぎ、日中も「円は底堅い展開となりやすい」(トレーダー)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below