October 21, 2019 / 12:28 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル108.40円付近、下げ渋り 脱欧問題に楽観論

[東京 21日 ロイター] -

<09:18> ドル108.40円付近、下げ渋り 脱欧問題に楽観論

ドルは108.40円付近。英ポンド安につられる形で早朝に108.28円まで下落し、15日以来1週間ぶり安値をつけたが、その後は下げ渋っている。

英国のEU離脱問題は予断を許さない状況で、引き続き「解散総選挙の可能性もある」(外銀)ものの、「合意なき離脱リスクは少しずつだが着実に後退してきた」(別の外銀)、「仮に合意なき離脱となっても、大幅利下げといった政策対応期待を踏まえれば、そう大きく売られるわけでもない」(都銀)とする見方もあった。

ポンドも139円後半へじりじりと切り返している。

<08:01> ドル107.80─108.70円の見通し、対英ポンドで円買い

きょうの予想レンジはドル/円が107.80―108.70円、ユーロ/ドルが1.1190─1.1120ドル、ユーロ/円が120.20―121.30円付近。

週明け早朝の取引では英ポンドが下落。英国が欧州連合(EU)に送付した離脱延期申請にジョンソン首相が署名を見送るなど、10月末の「合意なき離脱」の可能性が相変わらずくすぶっているとの見方から、139円半ばと前週末終盤の水準から1円近く円高が進行。ドル/円も108円前半と同水準から小幅に下落した。

市場では「再び不確実性が高まった」(証券)ことを警戒する声の一方、「首相の態度は少しずつ軟化している」(トレーダー)と見方は割れており、売買も交錯しやすい状況だ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below