November 21, 2019 / 11:11 PM / 14 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル108.00─109.00円の見通し、ラガルドECB総裁が初講演へ

[東京 22日 ロイター] -

<08:02> ドル108.00─109.00円の見通し、ラガルドECB総裁が初講演へ

きょうの予想レンジはドル/円が108.00―109.00円、ユーロ/ドルが1.1020─1.1100ドル、ユーロ/円が119.70―120.60円付近。

海外市場は全般小動き。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが、通商合意が12月15日までにまとまらなくても、米国が中国への追加関税発動を延期する可能性があると伝えた。報道を受けて「アジア市場の悲観ムードは、欧米市場でやや緩和した」(外銀)という。

ドルと円がともに底堅い動きとなったことで、海外市場のドルは108.46─108.70円の狭いレンジ内の値動きに終始した。日中も米中関連のニュースがなければ、もみあいが続きそうだ。

きょうの注目点は、フランクフルトで行われるラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁の初講演。これまで国際通貨基金(IMF)トップとしてECBの政策に理解を示してきただけに、従来の政策方針を踏襲するとの予想が多いが、どう独自色を打ち出すのかが見どころだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below