February 27, 2020 / 11:50 PM / a month ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル3週間半ぶり安値、米利下げ観測高まる 大統領に疑念も

[東京 28日 ロイター] -

<08:42> ドル3週間半ぶり安値、米利下げ観測高まる 大統領に疑念も

CMEグループのフェドウオッチによると、金利先物市場が織り込む3月米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ確率は現在99%。前日までは据え置き予想が66%と過半を占めていたが、カリフォルニア州で感染国への渡航歴がない人が感染したことなどを受け、米国内でも一段と感染が広がる可能性を懸念する形となってきた。

現地では、医師がこの人物の感染を疑っていたにもかかわらず、当局の検査対象に該当しなかったため、数日間検査を受けられなかったことが問題視されている。「トランプ大統領の危機管理能力に疑念を向ける声も出始めた」(外銀)という。

金利先物市場はさらに、7月までにもう2回の利下げを行う可能性が5割超織り込まれている。

ドルは午前7時過ぎに一時109.33円まで下落。今月5日以来3週間半ぶり安値を更新した。現在は小幅切り返して109.60円付近。

<07:54> ドル109.00─109.80円の見通し、米から資金流出の兆候

きょうの予想レンジはドル/円が109.00―109.80円、ユーロ/ドルが1.0950─1.1070ドル、ユーロ/円が120.20―121.00円付近。

前日海外ではドルが下落。米国株が連日大幅安となる中、年初来のドル高に変調の兆しが表れてきた。米金利は過去最低水準へ低下しており、トリプル安には至っていないものの、米国へ集中していた資金が逆流し始めた可能性を指摘する声が出ている。

新型コロナウイルスへの懸念がこのままドル安につながることになれば、リスク回避の円買い圧力がより強く反映される形となり、ドル/円は下げ足を早めかねない。「国内勢の動きが焦点」(トレーダー)となりそうだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below