for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル106.80─107.80円の見通し、米加州がレストラン営業を再停止

[東京 14日 ロイター] -

<07:55> ドル106.80─107.80円の見通し、米加州がレストラン営業を再停止

ドル/円は107.29円付近、ユーロ/ドルは1.1346ドル付近、ユーロ/円は121.75円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が106.80―107.80円、ユーロ/ドルが1.1290─1.1390ドル、ユーロ/円が121.20―122.20円。

前日のニューヨーク市場では、独バイオ医薬ベンチャーのビオンテック<22UAy.F,BNTX.O>と米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスワクチン2剤が、米食品医薬品局(FDA)によりファストトラック(優先承認審査)対象に指定されたことが好感され、株高・米長期金利高となり、ドル/円が107.32円まで小幅に上昇する場面があった。

しかし、その後、米カリフォルニア州のニューソム知事が13日、州内の新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからないこと受け、全州でレストランの屋内営業を再び停止するほか、感染拡大が深刻な地域で教会、ジム、美容院などを閉鎖すると発表したことが伝わったことを手掛かりに、ナスダック総合が急落した。

外為市場では、大幅に上昇していたユーロ/ドルやユーロ/円は小幅に反落した。ユーロ/円は120.88円から121.96円まで上昇した後、121.64円付近まで押し戻された。

市場では、「昨日のユーロの値動きについては、株高のリスク選好に加え、週後半の欧州中央銀行(ECB)理事会や欧州連合(EU)首脳会議などを控えた思惑的なユーロ買いが先行したとみている」(外為アナリスト)という。

「ドル/円については、106円台で大きな下押しがなかったので、目線が若干上向きにになっているが、108円を目指すかどうかは、まだ今週の材料を見てみないと分からない」(同)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up