July 15, 2020 / 12:24 AM / 21 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ122円前半、1カ月ぶり高値 対ドルも4カ月ぶり高値

[東京 15日 ロイター] -

<09:15> ユーロ122円前半、1カ月ぶり高値 対ドルも4カ月ぶり高値

ドルと円が広範に売られるとともに、ユーロの上昇が勢いづいてきた。対円では122円前半と1カ月ぶり高値を更新。対ドルでも4カ月ぶり高値をつけた。

ユーロ高の原動力はドルや円の下げだが「テクニカル的な上抜けが明確となってきたことで、買いが勢いづいてきた」(トレーダー)面もあるという。

一方、メルケル独首相は14日、新型コロナウイルスの復興基金について「迅速な合意が望ましいが(EU首脳会談が行われる)17─18日に達成できるかは分からない」との見通しを示した。今回合意できなければ、2回目の首脳会談を開く可能性を示唆している。

<07:54> ドル107.00─107.60円の見通し、ワクチン期待でリスクオン

きょうの予想レンジはドル/円が107.00―107.60円、ユーロ/ドルが1.1380─1.1450ドル、ユーロ/円が121.80―122.80円付近。

米国株先物が取引終了後に一段高。 米バイオ医薬大手モデルナが開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、米国の研究者チームが14日、初期段階の研究で安全性が示されたほか、健康なボランティア45人全員に免疫反応が見られたとする報告書を公表したことが手掛かり。

外為市場は海外時間の流れがさらに強まる形で、ドルと円が同時に下落。朝方からクロス円が軒並み高となっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below