July 20, 2020 / 11:03 PM / 14 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル106.70─107.70円の見通し、欧州復興基金案の結果待ち

[東京 21日 ロイター] -

<07:50> ドル106.70─107.70円の見通し、欧州復興基金案の結果待ち

ドル/円は107.27円付近、ユーロ/ドルは1.1446ドル付近、ユーロ/円は122.75円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が106.70―107.70円、ユーロ/ドルが1.1400─1.1500ドル、ユーロ/円が122.20―123.20円とみられている。

前日の海外市場では、欧州連合(EU)首脳による新型コロナウイルス復興基金案を巡る協議が続く中、ユーロが4カ月ぶり高値圏を推移した。

この日は「EU首脳会議の結果待ちとなりそうだ。ユーロは現在小康状態だが、投機筋のユーロロングが膨らんでいるため、合意に達することができなければ、潜在的に大きなユーロ売りの余地はある」(外為アナリスト)との意見が聞かれた。

今回の協議は5カ月ぶりとなる対面形式で行われている。

欧州委の案では総額7500億ユーロのうち、約3分の2を返済義務のない補助金とし、残りを融資としている。ドイツやフランス、南欧勢のイタリアやスペイン、その他ポーランドなど東欧勢などが一致しているものの、財政規律を重視するオーストリア、オランダ、スウェーデン、デンマークのいわゆる倹約4カ国は反対を唱えている。

市場ではまた、米共和党が、新型コロナウイルスに関する1兆ドル規模の追加経済対策の取りまとめに動いていることに関心を注いでいる。 市場関係者によると、トランプ大統領は22日にも、5月から停止していた記者会見を再開する予定だという。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below