for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル108.40─109.20円の見通し、ユーロ/円が3年3カ月ぶり高値

[東京 26日 ロイター] -

<07:50> ドル108.40─109.20円の見通し、ユーロ/円が3年3カ月ぶり高値

ドル/円は108.80円付近、ユーロ/ドルは1.2253ドル付近、ユーロ/円は133.29円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が108.40―109.20円、ユーロ/ドルが1.2200─1.2300ドル、ユーロ/円が132.80―133.80円とみられている。

前日のニューヨーク市場では、予想を下回る米経済指標や米連邦準備理事会(FRB)高官によるハト派発言、それらを受けた米長期金利の低下で、ドルが主要通貨に対して全面安となった。

その後、対ドルでのユーロの強さが、対円にも波及し、ユーロ/円が133.61円まで上昇して2018年2月以来の高値を付けた。ユーロ/円は現在も高値圏を推移する。

市場では「米長期金利が低下しても、ドル/円が一定の底堅さを保っているのは、ユーロ/円などでの円安によるところが大きい。また日本でワクチン接種が遅れていることや、米国による日本への渡航中止勧告で、リスク回避でも円が買われにくくなっている」(外為アナリスト)との意見が聞かれた。

きょうは、米長期金利や株価の動向に加え、月末を控えた実需のフロー、ニュージーランド中銀の政策決定、ユーロ/円の動向に注目が集まっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up