for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル109.50─110.30円の見通し、中国経済指標に注目

[東京 31日 ロイター] -

<07:45> ドル109.50─110.30円の見通し、中国経済指標に注目

ドル/円は109.86円付近、ユーロ/ドルは1.2195ドル付近、ユーロ/円は133.95円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.50―110.30円、ユーロ/ドルが1.2140─1.2240ドル、ユーロ/円が133.50―134.50円とみられている。

28日のニューヨーク市場では、米インフレ指標が上昇したことで、ドルは一時110.20円まで上昇したが、その後は月末のポジション調整や米長期金利の低下を受けて109.74円付近まで急落した。

4月の米個人所得・消費統計は、連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注目する食品・エネルギーを除くコア個人消費支出(PCE)価格指数が前年同月比3.1%上昇し、1992年7月以来の大幅な伸びを記録した。

5月の米シカゴ景気指数は75.2と前月の72.1から上昇し、1973年11月以来、47年半ぶりの高水準となった。

きょうは「世界的な株高傾向を背景に、クロス円での円高が進めば、110円をうかがう可能性もあるが、ドル自体に強さはないため、(28日につけた)110.20円付近が上値めどとして意識されそうだ」(外為アナリスト)という。

午前中には5月の中国製造業及び非製造業購買担当者景気指数(PMI)が予定され、関心が寄せられている。

人民元相場は前週、2018年5月以来3年ぶりの高値を付けている。

バイデン米大統領は28日、2022会計年度(21年10月─22年9月)の予算教書を議会に提出した。インフラ投資や教育、気候変動対策などに重点を置き、歳出額は要求ベースで6兆0100億ドルに膨らんだ。 来年度の歳出規模については、事前報道があったため、為替市場の反応は限定的だった。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up