for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円半ば、オフショア人民元は6.36元後半で軟調

[東京 1日 ロイター] -

<09:10> ドル109円半ば、オフショア人民元は6.36元後半で軟調

ドル/円は109.46円付近。米長期金利は若干上昇しているが、ドルの反応は鈍い。

ユーロ/ドルは1.2228ドル付近。前日発表された独CPIで物価の上昇傾向が確認されたことで、ユーロは買い進まれ、現在も底堅い値動きとなっている。

オフショア人民元は1ドル=6.3692元付近で軟調。前日一時6.3526元付近まで上昇し2018年5月以来の高値を付けたが、中国の当局者から元高をけん制する発言が相次ぎ、押し戻された。

中国の力強い景気回復や資本流入を背景に、人民元は月間ベースで、対ドルで昨年8月以来の大幅上昇を記録する勢いになっている。

中国国家外為管理局(SAFE)の元高官、管涛氏は中国証券報への寄稿で「国内外為市場では最近、周期的な『群衆効果』の兆候がある」との見方を示し、元の先高観は「為替市場の秩序ある機能を阻害するだけでなく、輸出部門の財務負担を増やすことになる」と指摘した。

中国人民銀行(中央銀行)で調査統計局長を務めた盛松成氏は30日、人民元の対ドル相場の急速な上昇は行き過ぎの可能性があり、持続可能ではないとの認識を示した。

人民銀行系の金融時報も30日、人民元の対ドル相場下落につながり得る潜在的な要因について警告した。

人民銀を含む規制当局は27日、人民銀のホームページに掲載した声明で、外国為替市場の不正操作を厳しく取り締まると表明し、現在の為替政策に変更はないと繰り返した。

<08:05> ドル109.20─110.00円の見通し、110円定着は困難か

ドル/円は109.53円付近、ユーロ/ドルは1.2230ドル付近、ユーロ/円は133.99円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.20―110.00円、ユーロ/ドルが1.2180─1.2280ドル、ユーロ/円が133.40―134.40円とみられている。

前日の海外時間に、ドルは一時109.35円まで下落した。英米市場が休場で全般に薄商いとなるなか、実需のドル売りフローが影響したとみられる。

その後、ドルは109円半ばに持ち直したが、5月の独消費者物価指数(CPI)が前年比2.4%上昇と、欧州中央銀行(ECB)の物価目標である「2%を下回るがこれに近い水準」を一段と上回る結果となったことで、ユーロが買い進まれ、ドルの買い戻しは早々に失速した。

きょうは「110円定着は厳しいのではないか。110円に近づくと上値が重くなる展開を予想する。さらに、米長期金利の上昇基調が復活しない限り、ドルがいったん買われても、ドル買いが継続しない状況が続きそうだ」(外為アナリスト)との意見が聞かれた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up