Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル109円後半で堅調、国連安保理は全ての関係国に制裁実行を要請
2017年8月30日 / 00:30 / 3ヶ月後

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円後半で堅調、国連安保理は全ての関係国に制裁実行を要請

[東京 30日 ロイター] -

<09:26> ドル109円後半で堅調、国連安保理は全ての関係国に制裁実行を要請

ドルは109.86円付近で、今朝の高値圏。

北朝鮮が29日に弾道ミサイルを発射したことを受け、緊急会合を開いていた国連安全保障理事会は声明を発表し、北朝鮮が緊張緩和に向け直ちに具体的措置をとることが重要と表明し、全ての関係国に制裁実行を要請した。

また、国連安保理は、北朝鮮のミサイル発射は日本への重大な脅威と非難し、これ以上のミサイル発射を控えるように要求した。

ドルは安保理の声明を挟んで小幅に上昇したが、この日は、実需勢のドル買い需要もあるとされ、直接的な因果関係は明らかではない。

<08:40> ドル109円後半、米10年国債利回りは2.12%後半

ドルは109.74円付近。早朝の取引では、一連の北朝鮮関連報道が伝わったが、ドル/円は目立った反応を示さなかった。

米10年国債利回りは2.129/2.128%付近で小動き。同利回りは前日一時2.086%まで低下し、2015年1月以来の水準を付けた。

S&Pは29日、連邦債務の上限引き上げが行われなくても、政府が債務不履行(デフォルト)に陥らない限り、現在の格付け「AAプラス」を維持するとの見解を示した。   ムーディーズも前週、財務省が一部の非債務支払い義務を果たせなくなったとしても、債務不履行に陥らない限り「AAA」格付けを引き下げることはないと表明しており、S&Pと同様の立場をとっている。

一方フィッチは、議会が期限内に合意できず、政府の債務返済が優先させられる事態になれば、「『AAA』格付けに整合的でなくなる可能性がある」として、より厳しい見解を示している。

米議会は休会明けの9月5日に再開され、債務上限引き上げと予算案での合意を目指す。   米政府短期証券3カ月物の利回りは1.0370%。同利回りは7月25日に一時1.2030%に達したがその後、8月21日に0.9860%までいったん低下したものの、それ以降は再び上昇傾向を見せている。

<07:41> きょうのドルは108.90―110.20円の見通し、国連安保理の決定にも関心

ドルは109.59円付近。ユーロは1.1973ドル付近、ユーロ/円は131.15円付近。この日は五・十日で、仲値公示にかけては、ドルの下値がサポートされるとみられている。

きょうの予想レンジはドルが108.90―110.20円、ユーロが1.1920―1.2040ドル、ユーロ/円が130.50―131.80円。

国連安保理事会は29日(日本時間30日午前)、日本上空を通過する弾道ミサイルを発射した北朝鮮を巡り、非公開の緊急会合を開いた。日経新聞によれば、日米両政府は、安保理で、対北朝鮮の石油禁輸措置を提起する方針。決定内容は今のところ伝わってきていない。

一方、早朝の取引では、KCNAによる、北朝鮮の金委員長のコメントが伝わった。金委員長は、太平洋を標的にした弾道ロケット演習をさらに実施する必要がある、との認識を示した。さらに、引き続き米国の態度を注視し、それによって、今後の行動を決定するという。

また、ミサイル演習は「太平洋における軍事作戦の第一段階、グアム抑制の前触れ」とも述べた。

為替市場の反応は今のところ限定的だが、ドル/円の上値の重さが意識されている。

市場では、前日の海外市場でドルが買い戻されたとはいえ「ショート・カバーが中心だったので、110円に近付くと、上値が重くなる展開が予想される」(外為アナリスト)という。

<07:05> ドル109円後半、太平洋を標的にした弾道ロケット演習をさらに実施する必要=北朝鮮の金委員長

ドルは109.65円付近、ユーロは1.1972ドル付近。ユーロ/円は131.26円付近。

KCNAによれば、北朝鮮の金委員長は、太平洋を標的にした弾道ロケット演習をさらに実施する必要がある、との認識を示した。さらに、引き続き米国の態度を注視し、それによって、今後の行動を決定するという。

また、ミサイル演習は「太平洋における軍事作戦の第一段階、グアム抑制の前触れ」とも述べた。

ドルは同報道を挟んで小動き、109.62円から109.69円付近で一進一退となっている。

一方、ユーロは若干強含んでいる。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below