Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドルは109.60―110.80円の見通し、110円台を維持できるかが焦点
2017年9月12日 / 22:58 / 8日前

〔マーケットアイ〕外為:ドルは109.60―110.80円の見通し、110円台を維持できるかが焦点

[東京 13日 ロイター] -

<07:45> ドルは109.60―110.80円の見通し、110円台を維持できるかが焦点

ドルは110.20円付近、ユーロは1.1967ドル付近、ユーロ/円は131.85円付近。   今日の予想レンジはドルが109.60―110.80円、ユーロが1.1920―1.2020ドル、ユーロ/円が131.20―132.40円の見通し。

きょうは「株高や米長期金利の上昇を背景に、ドル/円が110円台を維持できるかが焦点となる。111円ちょうど近辺には強力なレジスタンスもある」(外為アナリスト)とされ、前週末8日の安値107.32円から、急ピッチの円安に警戒感も出ている。

前日のニューヨーク市場では、ムニューシン米財務長官による税制改革に対する前向きな発言や、7月の米求人労働移動調査(JOLTS)で求人件数が調査開始以来最多となったことなどを受け、株高が進んだことで、円買いの巻き戻しや新たな円売りがドル/円を押し上げた。

また、「過去数週間に見られた(北朝鮮を巡る)挑発行動やハリケーンの襲来などの要因がやや収束し、市場はリスクオンモードに戻ったようにみえる」(シリコンバレー・バンクのシニア外為トレーダー、ジョー・オレアリー氏)との意見が出ていた。

ただ、時事通信によると、北朝鮮外務省は13日、国連安保理で採択された対北朝鮮制裁決議について「全面的に排撃する」と非難した。その上で「米国と実践的な均衡を確立し、われわれの自主権と生存権を守る」と主張した。朝鮮中央通信が伝えた。

一方、米債市場では10年国債入札への需要がさえず、長期債利回りが3営業日連続で上昇した。

米財務省が実施した200億ドルの10年債入札は、最高落札利回りが2.18%と、昨年11月以来の低水準だった。米10年債利回りは直近の2週間で約10ベーシスポイント低下し、この下がり具合を踏まえれば、入札結果は予想どおりだとアナリストらは話す。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below