Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドルは111.60―112.80円の見通し、月末の実需にフローに注目
September 26, 2017 / 10:46 PM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドルは111.60―112.80円の見通し、月末の実需にフローに注目

[東京 27日 ロイター] -

<07:35> ドルは111.60―112.80円の見通し、月末の実需にフローに注目

ドルは112.27円付近、ユーロは1.1790ドル付近、ユーロ/円は132.34円付近。

きょうの予想レンジはドルが111.60―112.80円、ユーロが1.1750―1.1850ドル、ユーロ/円が131.80―133.00円。

きょうはスポ末とよばれ、きょう約定されたスポット取引の決済が月末・期末に当たることから、相応の実需のフローが予想されている。

「仲値過ぎまでは輸入の買いがドルの下値を支えるイメージがある。実需のフローが一巡した後は、株価や米長期金利を見ながらの展開になるだろう」(外為アナリスト)という。

前日は、イエレン連邦準備理事会(FRB)議長が段階的な利上げの継続が必要との認識を表明したことを受け、米国債利回りが上昇し、ドル/円も112.49円まで買い進まれた。

また、トランプ米大統領が、27日公表予定の税制改革案について、中間所得層の大幅減税を実現するなどと語ったことを受け、米国債利回りが押し上げられた。

ただし、利回り上昇の幅は狭く、「大きく見れば、何も変わっていない」(USバンク・ウェルス・マネジメント、債券調査部門責任者)との意見も出ている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below