Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル112円後半、米税制改革への期待が下支えに
2017年9月27日 / 23:31 / 19日前

〔マーケットアイ〕外為:ドル112円後半、米税制改革への期待が下支えに

[東京 28日 ロイター] -

<08:28> ドル112円後半、米税制改革への期待が下支えに

ドルは112.85円付近で小動き。

前日、トランプ米大統領は、連邦法人税率を現行の35%から20%に引き下げることなどを盛り込んだ税制改革案を発表した。

財源が見通せない問題はあるが、市場からは「共和党指導部と共同で出してきた案なので、ヘルスケアのところと比べると(議会通過の)ハードルは低そうだ。米景気にとってはプラス材料となり、ドルの下支えになりそうだ」(上田ハーローの外貨保証金事業部長 山内俊哉氏)との声が聞かれた。

<07:49> ドルは112.20―113.40円の見通し、株高で堅調地合い

ドルは112.90円付近、ユーロは1.1741ドル付近、ユーロ/円は132.54円付近。

きょうの予想レンジはドルが112.20―113.40円、ユーロが1.1700―1.1800ドル、ユーロ/円が131.90―133.10円。

前日海外時間、米国の長期金利上昇や良好な経済指標を背景にドルは一時113.26円まで上昇、7月14日以来約2カ月半ぶりの高値をつけた。北朝鮮などでネガティブなニュースがなければ、東京時間に再び113円台を試す展開もあり得るという。

113円台は久しぶりの高値圏ということもあり、利益確定や戻り待ちのドル売りも相応に出そうで、113円前半ではやや上値が重くなるとみられている。一方、112円前半では押し目買いなどが入り、下値を支えそうだという。

きょうは臨時国会召集と衆院解散が予定されるほか、黒田東彦日銀総裁が全国証券大会であいさつする。

海外時間はドイツ消費者物価指数速報値、米国の4─6月期国内総生産(GDP)確報値、新規失業保険申請件数などの発表がある。ジョージ米カンザスシティー地区連銀総裁、フィッシャー米連邦準備理事会(FRB)副議長の講演なども予定されている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below