Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル113円前半、ヘッジファンドの「ドル売りの賭け」に逆風
2017年10月3日 / 04:23 / 18日前

〔マーケットアイ〕外為:ドル113円前半、ヘッジファンドの「ドル売りの賭け」に逆風

[東京 3日 ロイター] -

<13:16> ドル113円前半、ヘッジファンドの「ドル売りの賭け」に逆風

ドルは113.11円付近、株高、米長期金利高で113円台を保っている。前週つけた直近の高値113.26円をトライできるかが焦点。

先物のドル売りポジションが徐々に巻き戻されているとの見方も出ている。

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したデータを基にロイターが算出したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(9月19日までの1週間)は、ドルの主要6通貨に対する売り越し額は5週間連続で増加し、131億9000万ドルと、2013年1月以来の高水準となった。前週の売り越し額は115億7000万ドル。

ロイターのコラムニスト、ジェミー・マクギーバーは、金融市場のボラティリティーが極端に下がっているため、成績不振のヘッジファンドは、なんとか儲けを捻出しようと7月の初めからドル売り越しを続け、ドル安方向の賭けに出ているという。

しかし米連邦準備理事会(FRB)による年内利上げ観測が高まったことやユーロ安の進行でドルは足元で反発し、その「賭け」は明らかにうまくいっていない。

ドル指数は現在93.863付近。9月8日に91.011と直近の安値を付けた後、4週連続で上昇基調となっている。

ヘッジファンド調査会社HFRによると、金利や通貨の方向性に賭けるマクロ系ファンドの1─8月のリターンは1%に届かなかった。

ファンドは年末が近づくとポジションを巻き戻す必要があるため、実質的に11月末までに目いっぱいリターンを引き上げておく必要がある。

<12:41> 豪ドル下落、豪中銀が金利据え置き 

豪ドル/米ドルは0.7795米ドル付近、豪ドル/円は88.19円付近。

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が政策金利のオフィシャルキャッシュレートを市場の予想通り1.50%に据え置くことを決定したと伝わった。発表後、豪ドルは下落している。

発表前の豪ドル/米ドルは0.7813米ドル付近、豪ドル/円は88.39円付近だった。市場では「来年に向けて少しタカ派化するという期待が一部であったが、声明文はほとんど変わらず、期待がはく落した」(外為アナリスト)との声が出ていた。

<12:11> ドル113円付近、9月27日高値113.26円が次のポイント

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の113.06/08円だった。実需筋のドル買いが強まったところに、株価の一段高を好感した円売りが加わり、一時113円前半まで上昇した。

ドルは朝方に安値112.66円をつけた後、株高を支援材料に112.82円まで上昇した。いったん朝方の安値付近まで押し戻されたが、仲値付近に実需筋から大きめのドル買いが入り、112.98円まで強含んだ。

その後、日経平均の上げ幅拡大や米長期金利の小幅上昇を好感し、ドルは113.17円まで上値を伸ばした。

今後は113円台で出やすいとされる戻り売りや利益確定の売りをこなし、9月27日高値113.26円を上抜けられるかがポイントになるという。

<10:40> ドル113円付近、株高と米長期金利上昇に連れ高

ドルは113円付近。仲値公示にかけて112.98円まで強含み、仲値を経て一時113.02円まで上昇した。

期初の実需の買いのほか、株価が上げ幅を拡大していることや、米長期金利が小幅に上昇したことを好感したもよう。

ただ、113円から113.50円では、実需のドル売りニーズや短期筋の戻り売りニーズが強いとされ、いまのところ前日の高値113.06円には届いていない。

ユーロは1.1712ドル付近で朝方の安値1.1706ドルから反発している。   「ユーロはカタルーニャの住民投票の結果がじわじわ効いてきている状態。ドイツ国債の利回りも低下しており、短期的にはユーロ安材料になっている」(外銀)という。

スペイン北東部カタルーニャ自治州で1日に行われた住民投票で、投票を阻止しようとしたスペイン警察と有権者が衝突した問題で、自治州のプチデモン首相は2日、国際社会に対し仲介を求めた。

投票ではスペインからの分離独立への賛成票が圧倒的多数となったが、同国は住民投票を違憲としている。

<09:50> ドル112円後半、好調な経済指標に反応薄な米長期金利

ドルは112.75円付近。株価を横目に見ながら、小幅な値動きを続けている。

前日発表された米経済指標は全て好調だったが、米長期金利はそれほど上がらず、ピークから低下して現在に至っている。米10年国債利回りは目下2.341/2.339%の気配。

さらに、ドル/円は、株高や米金利高に対して反応が鈍ってきており、「米金利がしっかりしているわりには、ドルが上がらない」(国内銀)状況となっている。

今後のドル/円について「北朝鮮問題や日本の政局の流動化に加え、米長期金利が上昇軌道に乗り続けていられるのか、それとも、もう上がらないのかがポイントだ。週末の米雇用統計で賃金の伸び率に対する長期金利の反応を見定めたい」とFXプライムbyGMO常務取締役の上田眞理人氏は言う。

米長期金利が上昇軌道に定着できないのであれば、現在のこう着相場は仕切り直され、ドル/円の下値余地が出てくる、と同氏は見ている。

<09:05> ドル112円後半、米10年国債利回りは2.34%付近

ドルは112.81円付近で底堅い。株高が支援材料。

前日のロンドン市場で、ドルは一時113.06円まで強含んだが、前週ドルが113.20円台で頭打ちとなったことや、ユーロ/円や英ポンド/円などの下落(円高)を受け、伸び悩んだ。

「上にも下にも行きにくい相場」(外為アナリスト)との声が出ていた。

113円台では実需筋の売りや利益確定売りのニーズ、112円台前半では買いのニーズがあるとされ、サンドイッチ状態となっている。

米10年国債利回りは2.343/2.341%の気配。

米供給管理協会(ISM)が前日発表した9月の製造業景気指数は60.8と2004年5月以来の高水準を記録した。商務省が発表した8月の米建設支出も年率換算で前月比0.50%増と3カ月ぶりに増加に転じた。

こうした強い指標を受けて、同利回りは一時2.3713%(ビッドサイド)まで上昇した。しかし、米ラスベガスで起きた銃乱射事件や、FRB高官の発言を嫌気して、反落に転じ、現在に至っている。

米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は2日、低調なインフレ動向は一時的な要因によるものではなく、米連邦準備理事会の過去の金融政策の影響であると指摘し、インフレ率が目標の2%に達するまで利上げを待つべきだと主張した。

一方、ダラス地区連銀のカプラン総裁は2日、12月の利上げを支持するにあたり、インフレ率が実際に上昇していることを見極める必要はないとしつつも、上昇の兆しを確認したい、との見解を示した。

<07:45> ドルは112.20―113.20円の見通し、113円台は戻り売りニーズも

ドルは112.70円付近、ユーロは1.1737ドル付近、ユーロ/円は132.31円付近。きょうの予想レンジはドルが112.20―113.20円、ユーロが1.1690―1.1790ドル、ユーロ/円が131.80―132.80円。

前日の外為市場では、堅調な製造業統計で米経済に強気の見方が広まった一方、ユーロはスペインのカタルーニャ自治州の住民投票で、独立賛成派が圧倒的多数を占めたことが重石になり、ドル高/ユーロ安が進んだ。

一方、米ラスベガスの音楽フェスティバル会場で現地時間1日午後10時過ぎに銃乱射事件が発生し、少なくとも58人が死亡し、515人がけがを負い、近年の米国史上最悪の銃撃事件となった。

「銃撃事件で株安になると思ったが、意外と前日の米国株は大幅高となった。悪いものは見ない楽観相場が続いている証拠だろう」(外為アナリスト)との意見が出ていた。

米国株が上昇した流れを継承し、今日の日本株も前日比プラス圏での推移になるとみられ、ドル/円の下値を支えそうだ。

ただ、「113円台では戻り売りや利益確定売りが先行しやすい」(同)とみられ、ドル/円の上値余地も限られるため、方向感が出にくい相場展開になると見られている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below