Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル113円前半、参加者少なくテクニカル意識 
December 26, 2017 / 12:00 AM / 22 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル113円前半、参加者少なくテクニカル意識 

[東京 26日 ロイター] -

<08:53> ドル113円前半、参加者少なくテクニカル意識 

ドルは113.29円付近。

きょうは参加者が少なく、ドル/円は「テクニカルやオーダー状況を意識した動きになる」(IG証券の石川順一シニアFXストラテジスト)という。

目先、11月高値114.73円を起点とした短期レジスタンスライン(現在は113.30円前後)が抵抗線とみられる。ここを明確に上抜けしても113.50円でのオプションバリアの攻防が想定され、上値が重くなりそうだ。下値は112.82円付近で推移する日足一目均衡表の転換線がめどという。

総務省が発表した11月の全国消費者物価指数(CPI)は、生鮮を除くコアCPIで前年比0.9%上昇となり、プラス幅は前回10月の0.8%から拡大。ロイターがまとめた予測も上回ったが、市場の反応は限定的だった

<07:54> ドル113.00─113.60円の見通し、値幅出ず「厳しい」

ドル/円は113.26円付近、ユーロ/ドルは1.1872ドル付近、ユーロ/円は134.45円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が113.00―113.60円、ユーロ/ドルが1.1830─1.1900ドル、ユーロ/円が134.10―134.80円とみられている。

昨日より材料はあるものの、参加者が少なく動意薄の状況が続きそうだ。

きょうは11月全国消費者物価指数(CPI)、日銀金融政策決定会合の議事要旨(10月30・31日分)の発表、黒田東彦日銀総裁の講演などがある。海外時間は米国の12月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)が発表される。

市場からは「海外勢が休みで、国内実需筋のフローも出にくい。動きようがなく厳しい」(ブローカー)との声が出ていた。日銀総裁の講演で少し動く可能性はあるが、トレンドを大きく変えるほどのものではないとみられている。

英国、カナダ、ドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランド、香港はボクシングデーで休場。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below