February 5, 2018 / 12:14 AM / 4 months ago

〔マーケットアイ〕外為:米金利高、一転ドル押し上げ 実質金利高騰が転機に

[東京 5日 ロイター] -

<09:09> 米金利高、一転ドル押し上げ 実質金利高騰が転機に

前週末海外市場では1月米雇用統計を受けて米10年債利回りが急騰。一時2.85%台と14年1月以来4年ぶり高水準をつけた。

年初来、米金利のじり高が続く中でドルは下落が続いてきたが、前週末はこれまでの動きが一転、為替市場はドルが全面高となり、ドル/円は一時110.48円まで上昇。日中安値から1円超の上昇で23日海外市場以来の高値をつけた。

今回、米金利高がドル押し上げにつながった一因とされるのが、実質金利の上昇。雇用統計で時間当たり賃金が前年比2.9%増と09年6月以来8年7カ月ぶりの大幅な伸びとなったことを受け、ロイターデータによると、10年物のブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は14年9月以来3年半ぶり高水準となった。

市場では「これまでドル安だったのは、名目金利の上昇が抑制され、実質金利が比較的低かったため。まだ定かではないが、このまま名目金利がインフレ期待に伴って上昇してくるようなら、実質金利の一段の上昇がドルの反転につながるかもしれない」(都銀)との声があった。

<07:58> ドル109.70─110.60円の見通し、株価にらみ神経質

ドル/円は110.28円付近、ユーロ/ドルは1.2432ドル付近、ユーロ/円は137.08円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.70―110.60円、ユーロ/ドルが1.2390─1.2460ドル、ユーロ/円が136.80―137.50円とみられている。

9年ぶりの大幅な米国株安を受けて、日経平均を含むアジア株がどう反応するかがきょうの注目点。「もう一段の大幅調整があれば(為替市場も)波乱の様相となりそう」(都銀)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below