February 5, 2018 / 11:41 PM / 6 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円前半、「恐怖指数」は2年半ぶり水準に上昇 

[東京 6日 ロイター] -

<08:31> ドル109円前半、「恐怖指数」は2年半ぶり水準に上昇 

ドルは109.21円付近。投資家の不安心理の度合いを示すボラティリティー・インデックス(VIX)は一時38台まで急上昇し、2015年8月以来の高水準となっている。

先週は欧州通貨が堅調で、ユーロ/円は2年半ぶり、英ポンド/円は1年8カ月ぶりの水準に上昇していたが、5日はクロス円でも円買いの流れが強まった。

ユーロ/円は137円前半から134円後半へ2円以上、英ポンド円は155円半ばから152円前半へ3円以上それぞれ下げた。きょうも株安をにらんでクロス円の円買いが一段と強まれば、ドル/円の下押し圧力になる可能性がある。

<07:54> ドル108.40─109.90円の見通し、米株暴落の影響見極め

ドル/円は109.12円付近、ユーロ/ドルは1.2382ドル付近、ユーロ/円は135.13円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が108.40―109.90円、ユーロ/ドルが1.2320─1.2450ドル、ユーロ/円が134.40―135.90円とみられている。

東京時間のドルは109円前半を中心にもみあいそうだという。前日の米株式市場は大幅続落となり、ダウ工業平均30種は一時1600ドル近く下げ、日中の下げとしては過去最大となった。日経平均も株安の流れを引き継ぐとみられ、リスク買いムードの中でドル/円は買われにくい。

チャート的に堅いとみられている108円半ばにかけては国内の輸入企業や機関投資家などからドル買いが入る可能性があるものの、「日本株の下げが想定以上に大きくなれば、ドル/円の下げの歯止めにならない」(ブローカー)との見方もある。次の下値めどは1月26日につけた年初来安値108.28円。

きょうはアジア時間にオーストラリア準備銀行(中央銀行)の政策金利発表、海外時間に米貿易収支、ブラード米セントルイス地区連銀総裁の講演などがある。海外時間に米株価が反発しても、地合いが悪く、きょうの段階でドルが110円を回復するのは難しいとみられている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below