February 15, 2018 / 10:46 PM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル105.70─106.90円の見通し、アジア市場休場多くボラティリティー上昇も

[東京 16日 ロイター] -

<07:35> ドル105.70─106.90円の見通し、アジア市場休場多くボラティリティー上昇も

ドル/円は106.10円付近、ユーロ/ドルは1.2502ドル付近、ユーロ/円は132.69円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が105.70―106.90円、ユーロ/ドルが1.2450─1.2550ドル、ユーロ/円が132.10―133.30円とみられている。

きょうは旧正月で中国市場が休場の他、シンガポール、香港、台湾、韓国、フィリピンなどの市場も休場となり、東京時間は豪州、ニュージーランドのオセアニア勢と東京勢のみの参加となる。

「取引が薄く、ボラティリティーが拡大する可能性もある」(外為アナリスト)とみている。

前日のニューヨーク市場では、日銀の黒田総裁続投との報道を受けてドルが一時106.85円まで上昇したものの、107円を回復できなかったことや、米長期金利が2.94%と4年ぶりの高水準に上昇したことが嫌気され、上昇分をほぼ吐き出して、106.10円付近で取引を終えた。

目先の相場動向について、「106円ちょうどは通過点とみられている。105円ちょうどが維持できるかどうかが重要なポイントだ」(同上)という。

この日はまた、週末を控えた利益確定売りや調整売りが出やすいとみられる。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below