June 12, 2018 / 11:28 PM / 4 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル3週ぶり高値、FRB議長が全FOMCで会見検討との報道

[東京 13日 ロイター] -

<08:20> ドル3週ぶり高値、FRB議長が全FOMCで会見検討との報道

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は12日付の電子版で、連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、年8回すべてのFOMC後に記者会見を開くことを検討していると報じた。

FRBの政策変更は議長会見時に集中しているため、会見数の増加は「タカ派的な取り組みの印象」(トレーダー)といい、海外市場ではドルが広範に上昇した。

ドル/円はNY市場で110.50円まで買われ、続く早朝の東京市場でも110.55円まで上値を伸ばした。5月23日以来3週間ぶりの高値。

<07:50> ドル110.10─110.90円の見通し、底堅い

きょうの予想レンジはドル/円が110.10―110.90円、ユーロ/ドルが1.1710─1.1780ドル、ユーロ/円が129.40―130.40円付近とみられている。

日中のドル/円は底堅い展開となりそうだ。具体策の乏しかった米朝首脳会談は「決裂せずよかった」(邦銀)といった程度の評価で、海外市場は全般小動き。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、ドルの底堅さが目立つ展開が続きそうだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below