November 9, 2018 / 1:11 AM / 9 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.13ドル半ば、最近の下限接近 割り込めばドル高加速

[東京 9日 ロイター] -

<10:05> ユーロ1.13ドル半ば、最近の下限接近 割り込めばドル高加速

ユーロは現在1.1365ドル付近。海外市場終盤に付けた5日以来の安値から小幅に切り返したが、上値は重い。市場では当面、1.15ドル台にかけて断続的に存在する巨額オプションに絡む売買が、反発を押さえ込む展開を想定する声が多いようだ。

ユーロは海外市場で1.14ドル半ばから1.13ドル半ばまで急落。ドル高が勢いづく一因となった。

きっかけは欧州委員会が示したイタリアの経済見通し。成長率は総じて伊政府の予想を下回り、財政赤字の対GDP比率も20年に3.1%と伊政府の2.1%を大きく上回り、EUが加盟国に求める3%の基準に抵触すると見込んだ。

「普段は欧州中央銀行(ECB)が12月に提示する経済見通しのほうが市場の関心は強いが、今回は伊政府の19年予算案が規律違反との見解をEUが示していただけに、より注目が集まっていた」(外銀)という。

伊政府が13日までに改正予算案を提出しなければ、欧州委は是正に向けた措置の策定に着手する。早ければ月内にも、制裁金支払いを含む制裁措置に踏み切る可能性もあるとされ、市場では動向に関心が高まっている。

テクニカル的にもユーロは正念場。今年8月、10月の2度、下値を支えた1.13ドル台を割り込めば、下抜けが鮮明となって下げ足を早める可能性があり「急激なユーロ安が市場心理を不安にさせ、イタリア問題がよりクローズアップされるリスク」(邦銀)もあるという。

ドルは113.92円付近で小動き。

<07:50> ドル113.50─114.50円の見通し、上限接近し戻り売りも

きょうの予想レンジはドル/円が113.50―114.50円、ユーロ/ドルが1.1300─1.1380ドル、ユーロ/円が129.00―130.00円とみられている。

ドルは海外市場でほぼ全面高。東京市場もその流れを引き継ぐ見通しだが、114円半ばは、昨年3月に115円台を割り込んで以降、5月と7月、10月、11月、今年10月と5度にわたって跳ね返された水準。「当面の上限として戻り売りが強まりやすい」(邦銀)との声は少なくない。

ドルはきょう早朝に一時114.09円まで上昇。10月5日以来1カ月ぶり高値を更新した。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below