November 21, 2018 / 1:32 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル112円後半で上昇一服、巨額オプションが足かせ

[東京 21日 ロイター] -

<10:20> ドル112円後半で上昇一服、巨額オプションが足かせ

仲値公示を経てドルは112.75円付近。海外市場でつけた3週間半ぶり安値の112.30円から切り返してはいるものの、上昇は小幅にとどまっている。

市場では、きょう権利行使期限を迎えるオプションが巨額で、それに関連した売買が値動きを抑制しているとの指摘が出ている。目立つものだけでも、112円前半から半ばに66億ドル程度、112円後半から113円にかけて18億ドル程度のストライクが存在しているという。

<07:54> ドル112.00─113.00円の見通し、上値伸びず

きょうの予想レンジはドル/円が112.30―113.20円、ユーロ/ドルが1.1320─1.1420ドル、ユーロ/円が127.50―128.50円とみられている。

原油急落や世界的な株安、英の欧州連合(EU)離脱に関する不透明感などを背景に、海外市場では関連通貨の売りが強まる一方、ドルが全面高となった。東京市場でも同様の展開が続きそうだ。

週末の日米連休を控え、調整売買以外は手控えられやすい情勢だが、再び強まってきた米株安が「連休前の調整なのか、本格的な下落局面入りなのか、まだ議論が分かれている段階」(トレーダー)といい、波乱含みの株価にらみが続きそうだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below