May 14, 2019 / 10:51 PM / 9 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル109.10─110.10円の見通し、株反発予想で下値は堅いか

[東京 15日 ロイター] -

<07:35> ドル109.10─110.10円の見通し、株反発予想で下値は堅いか

ドル/円は109.65円付近、ユーロ/ドルは1.1208ドル付近、ユーロ/円は122.89円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.10―110.10円、ユーロ/ドルが1.1160─1.1260ドル、ユーロ/円が122.40―123.40円とみられている。

きょうは商業決済が集中しやすい五・十日にあたることや、前日米国株が反発した流れを引き継いで日経平均も反発することが予想されるため、「少なくとも序盤はドルがしっかりするイメージ」(外為アナリスト)だという。

ただ、米中通商協議に進展がないなかで「110円近辺になると、戻り売りなども予想され(同水準からの)さらなる上昇には抵抗がありそうだ」(同)とされ、110円台にしっかりと定着する可能性は高くないとみられる。

前日のニューヨーク市場では、イタリアによる欧州連合(EU)の財政規律違反を巡る懸念からユーロが下落する一方、米中通商協議の継続方針が伝わり、ドルのサポートとなった。

イタリアのサルビーニ副首相は、雇用創出の一助になるならEUの財政規律に違反する用意があると発言した。

ユーロ安の背景には、ドイツの欧州経済センター(ZEW)が発表した5月の独ZEW景気期待指数がマイナス2.1と、予想に反して低下したこともあるという。

4月はプラス3.1、市場予想はプラス5.0だった。

ZEWのワムバッハ所長は「米中貿易紛争が再び激化し、ドイツの経済成長の柱である輸出の不透明感が強まった」と述べた。

現況指数は8.2で、前月の5.5から上昇。市場予想は6.0だった。

今日は午前11時ごろに中国の小売売上高や鉱工業生産の発表が予定され、関心を集めている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below