June 13, 2019 / 4:41 AM / 5 days ago

〔マーケットアイ〕外為:インドルピーは69ルピー前半、米国がインドに再び市場開放圧力

[東京 13日 ロイター] -

<13:30> インドルピーは69ルピー前半、米国がインドに再び市場開放圧力

インドルピーは1ドル=69.37ルピー前半と前日終盤とほぼ変わらず。

前日は米高官の発言を受け、一時69.45ルピーまで下落した。

今月24―30日にインド、スリランカ、日本、韓国を訪問する予定のポンペオ米国務長官は12日、米企業のインド市場へのアクセス拡大により同国との貿易問題を解決する協議に米国は前向きだとの認識を示した。

トランプ米大統領はインドに適用している一般特恵関税制度(GSP)を6月5日から廃止する決定を下しており、ポンペオ氏の発言はそれに言及したもの。

このところのルピー安の要因として、インド経済の減速を背景とする金融緩和が挙げられる。

インド準備銀行(中央銀行)は今月6日開いた政策決定会合で、政策金利を0.25%ポイント引き下げて年5.75%とすることを決めた。

利下げは3会合連続で、政策金利は2010年8月以来、約9年ぶりの5%台となった。同国は4四半期連続で実質経済成長率が低下するなど景気減速が鮮明になっている。

<12:02> 正午のドルは108円前半、アジア株安で1週間ぶり安値

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から円高の108円前半。アジア株が全面安となったことで、ドルは108.16円まで下落。今月7日以来約1週間ぶり安値をつけた。

円高圧力が強まったのは午前10時過ぎ。豪で発表された5月失業率が予想を上回ったこと、大規模デモへの懸念から香港株が一時2%近い下げとなったことなどを受け、円買いの流れが強まった。

クロス円の中で最も大きく下げたのは豪ドル/円。75円前半から74円後半へ売られ、1月以来の安値をつけた。

市場では引き続き「株価動向が鍵になる」(トレーダー)との声が出ていた。

<11:07> ドル108.27円まで下落、豪指標下振れやアジア株安で

ドルが108.27円まで下げ幅を拡大した。オーストラリアの5月失業率が予想を上回る5.2%となったことで、豪ドルが75円前半から74円後半へ急落。取引が始まった香港株は1.5%超の下げで、中国株も安寄り後に下げ幅を拡大するなど、ややリスクオフムードが強まっている。

<09:20> ドル108円半ば、香港の大規模デモに警戒感

ドルは108円半ばで引き続き売買が交錯。円債市場の国債先物は8銭高、日経平均は88円安で取引が始まった。

市場では、緊張が高まってきた香港の大規模デモが話題となり始めた。デモの一部参加者が立法会(議会)敷地内へ突入、警官隊が催涙弾を発射するなど事態が一段と緊迫しており、金融市場にも影響を及ぼす可能性が強まってきたためだ。

金融市場全般に対する影響はまだ目立っていないものの、前日の香港市場では主要株価指数のハンセン指数が一時2%下落。銀行間金利が急上昇し、香港ドルは年初来高値となる7.81香港ドル付近まで急伸した。市場では資本流出の発生を警戒する声も出ている。

香港はシンガポールとともに、アジアの一大拠点として多くの金融機関やファンド勢が拠点を置いている。為替取引額も東京を上回る規模に達しており、「混乱が長引くと様々な側面で影響が広がる可能性」(トレーダー)があるという。

トランプ米大統領は12日、ホワイトハウスで記者団に「デモを行う理由は理解できる。中国と香港はこの問題を解決できると確信している」と述べたが、民主党のジェームス・マクガバン下院議員は、香港がに十分な自治権があるかを判断する基準を見直すための法案を、共和党と共に12日か13日に提出する考えを示した。

<08:00> ドル108.10─108.80円の見通し、リスクオフムード

きょうの予想レンジはドル/円が108.10―108.80円、ユーロ/ドルが1.1250─1.1350ドル、ユーロ/円が122.00―123.00円付近。

海外市場は全般株安で、ドルと円が堅調。ドル/円は売買が交錯し108.22─108.54円のレンジ内を上下した。トランプ米大統領が対中関係について「今はやや不安定」と述べたことなどで、リスクオフムードが漂った。

トランプ大統領が、ロシア産ガスを欧州に輸送するパイプライン「ノルドストリーム2」への制裁を検討していることを明らかにし、ドイツに対してエネルギーでロシアに依存しないよう警告したことが「ユーロ売りにつながった」(外銀)面もあったという。

ユーロは夕方の高値1.1343ドルから1.1282ドルまで下落した。

東京市場もリスクオフムードが続く見込みだが、ドルの買い戻しは「来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた持ち高調整」(証券)の側面もあるといい、持続力は不透明だ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below