June 18, 2019 / 11:10 PM / 4 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル108.00─109.00円の見通し、FOMC後ももみあいか

[東京 19日 ロイター] -

<08:00> ドル108.00─109.00円の見通し、FOMC後ももみあいか

きょうの予想レンジはドル/円が108.00―109.00円、ユーロ/ドルが1.1130─1.1230ドル、ユーロ/円が121.00―121.80円付近。

海外市場ではドル/円が激しく上下動。山形県沖を震源とする地震の発生などで108.06円まで売られた後、トランプ米大統領が中国の習近平国家主席と電話で会談し、大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で首脳会談を行うことを明らかにしたことなどで、108.67円まで急速に値を戻した。

きょう日中は米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて小動きとなりそうだが、米中首脳会談が現実味を増したことで「FOMC後も首脳会談を見極める必要が出てきた」(邦銀)といい、しばらく関連ニュースに上下する展開となる可能性を指摘する声が出ている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below