July 5, 2019 / 12:32 AM / in 3 months

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円後半、英のイラン石油タンカー拿捕が話題

[東京 5日 ロイター] -

<09:25> ドル107円後半、英のイラン石油タンカー拿捕が話題

ドルは107.85円付近。序場のアジア市場は全般小動きで、円相場も横ばい。市場では、米雇用統計が上振れればドル108円台、下振れなら106円台といった予想が出ていた。

市場では、英海兵隊が4日、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアに原油を輸送していた疑いのある、イランの大型石油タンカーを英領ジブラルタル沖で拿捕したことが関心を集めている。

欧州はシリアへの石油輸出を2011年から禁止しているが、米国のように広範な対イラン制裁は発動させていない。欧州諸国による石油タンカーの拿捕も今回が初めでて、イランと西側諸国の対立が激化する恐れがある。

為替市場への直接的な影響はなかったが「米イランの対立激化は大きなリスク要因のひとつ」(トレーダー)という。

<08:00> ドル107.20─108.20円の見通し、ECBも追加緩和観測

きょうの予想レンジはドル/円が107.20―108.20円、ユーロ/ドルが1.1250─1.1350ドル、ユーロ/円が121.00―122.00円付近。

きょうは実需の売買が集中する5・10日で、日中は関連売買と米雇用統計発表前の持ち高調整が交錯する展開となりそうだ。

前日海外市場では、ドイツで10年債利回りがマイナス0.4%まで低下。初めて欧州中央銀行(ECB)預金金利と同水準になった。 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁が「さらなる金融刺激策が足元で必要とされている」と発言したことが話題となった。

しかし、米国の休場もあってユーロは小動き。主要通貨はほとんど値動きがなかった。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below