July 9, 2019 / 10:50 PM / in 2 months

〔マーケットアイ〕外為:ドル108.30─109.30円の見通し、英ポンドが半年ぶり安値

[東京 10日 ロイター] -

<07:35> ドル108.30─109.30円の見通し、英ポンドが半年ぶり安値

ドル/円は108.87円付近、ユーロ/ドルは1.1207ドル付近、ユーロ/円は122円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が108.30―109.30円、ユーロ/ドルが1.1170─1.1270ドル、ユーロ/円が121.40―122.40円とみられている。

前日の海外市場では、ドルが全般にしっかりし、主要6通貨に対するドル指数は一時97.588と6月19日以来の高値をつけた。

週初のドル高は、6月米雇用統計を受けた米長期金利の持ち直しに牽引されていたが、昨日のドル高は、「半年ぶりの安値をつけた英ポンドや、英ポンド安に連れ安となったユーロなどの他の通貨の下落による受動的なドル高」(外為アナリスト)だった可能性が高い。

英ポンドは9日の海外市場で一時1.2439ドルと、1.2500ドルを割り込んで1月以来6カ月ぶり安値をつけた。1.2500ドルはチャート上も心理的にも節目であり、投機筋の1.25ドル割れを狙った売り仕掛けが出たとされる。

こうした仕掛けは奏功し、その後は幅広い参加者によるストップ(損失確定のポンド売り)を巻き込んで、ポンドの下げが加速した。

欧州連合(EU)からの合意なき離脱や新たな首相への懸念もポンドの売り安心感を誘った。

ユーロは英ポンドの下落に連れ安となり1.1193ドルまで下落。6月19日以来の安値をつけた。

市場では今日予定されるパウエルFRB議長の議会証言、及び米連邦公開市場委員会の議事要旨(6月18、19日分)に関心が注がれている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below