July 19, 2019 / 12:18 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル107.45円付近、反発限定的 米金利上昇も小幅

[東京 19日 ロイター] -

<09:15> ドル107.45円付近、反発限定的 米金利上昇も小幅

アジア時間の取引が始まった米金利は、10年債利回りが2.02%付近から2.04%付近へ、2年債が1.75%付近から1.79%付近と、小幅な切り返しにとどまっている。

ドルは一時107.33円まで反落した。「投機的な円買いがやや売り戻った程度」(証券)の反応にとどまっている。現在は107.45円付近。

107円半ばから108円台にかけて20億ドル近いオプションがきょう権利行使期限を迎えることが、上値を抑制する一因にもなっているという。

<08:03> ドル106.80─107.80円の見通し、米金利にらみ

きょうの予想レンジはドル/円が106.80―107.80円、ユーロ/ドルが1.1200─1.1300ドル、ユーロ/円が120.50―121.50円付近。

朝方の取引でドルは107円前半から107.61円まで急反発。米ニューヨーク連銀は、前日のドル安につながったウィリアムズ総裁の講演について、調査に基づく学術的内容で、「次回FOMCにおける政策行動に関するものではない」とのコメントを発表した。

ドルは現時点で、前日の下げ幅を埋めるには至っていない。きょうアジア時間の取引で、前日に大きく低下した米国債利回りがどこまで切り返すかがひとつのポイントになりそうだ。

一方、ムニューシン米財務長官は18日、滞在先のフランスで、自身を含む米中の高官がこの日電話協議を行う予定と明らかにした上で、今後の対面協議再開につながる可能性もあるとの見方を示した。結果によっては円売り材料にもなり得るため、要注目だ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below