August 23, 2019 / 12:12 AM / 4 months ago

〔マーケットアイ〕外為:英ポンド130円半ば、3週ぶり高値 脱欧問題に一喜一憂

[東京 23日 ロイター] -

<09:07> 英ポンド130円半ば、3週ぶり高値 脱欧問題に一喜一憂

前日海外で目立ったのは英ポンド。128円後半から130円半ばまで急伸し、3週間ぶり高値を更新した。

手がかりはドイツのメルケル首相がジョンソン英首相に、英国の欧州連合(EU)離脱協定案の争点であるアイルランド国境問題に関する 「バックストップ(安全策)」の代替案を、30日以内に提示するよう求めたこと。メルケル氏が譲歩の姿勢を示したとの見方が広がったという。

しかし10月末に離脱期限が迫る中、状況が好転するかは不透明。「ポンドは荒い動きとならざるを得ない」(トレーダー)ことに変わりはなさそうだ。

ドルは106円半ばでもみあい。日経平均は前日終値付近で寄り付いた。

<07:52> ドル106.00─107.00円の見通し、FRB議長講演後に上昇か

きょうの予想レンジはドル/円が106.00―107.00円、ユーロ/ドルが1.1050─1.1150ドル、ユーロ/円が117.50―118.50円付近。

注目度の高いパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を今夜に控え、日中は手控えムードが広がりやすそうだ。前日はカンザスシティー地区連銀のジョージ総裁とフィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁が、現時点で米経済に追加の刺激策は必要ないとの見解を示したが、米金融市場が織り込む利下げ確率に大きな変化はなかった。

市場では「パウエル議長が年内に複数回の追加利下げを織り込む市場よりハト派的な姿勢を示す可能性は低く、ドルが下支えされる可能性が高い」(みずほ証券)との声が出ていた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below