March 6, 2020 / 12:33 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.12ドル前半、感染拡大に警戒 反落は円高リスク

[東京 6日 ロイター] -

<09:26> ユーロ1.12ドル前半、感染拡大に警戒 反落は円高リスク

ユーロは1.12ドル前半。午前7時前に1.1245ドルと昨年8月以来7カ月ぶり高値を更新した後、やや伸び悩んでいる。

ユーロはドル安の受け皿として2月下旬から急反発しているが、市場ではイタリアでの感染拡大を受けて、域内移動の自由を保障するシェンゲン協定が裏目に出る形で、域内国へ一気に広がる可能性を警戒する声が出ている。

もし、そうした懸念からユーロ高が失速することになれば、受け皿を失ったドル安圧力は円へさらに集中し、円高が加速するおそれがあるという。

<08:00> ドル105.70─106.40円の見通し、リスクオフトレード継続

きょうの予想レンジはドル/円が105.70―106.40円、ユーロ/ドルが1.1200─1.1280ドル、ユーロ/円が118.80―119.50円付近。

米国株が3%超反落、米2年、10年金利が過去最低水準へ低下したことを受け、外為市場ではドル安と円高が同時に進行。最も大きく影響を受けるドル/円は、午前6時過ぎに105円台をつける急落となった。

先日の米緊急利下げにもかかわらず、前日の米金利先物市場は3月連邦公開市場委員会(FOMC)で0.5%の利下げが行われる確率を9割近くまで織り込んだ。市場の織り込みが過剰な点を警戒する声も出ているが、収束のめどがたたない新型コロナウイルスに対する警戒感は世界中に広がっており「リスクオフ的なトレードにならざるを得ない」(トレーダー)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below