March 22, 2020 / 10:43 PM / in 12 days

〔マーケットアイ〕外為:ドル110.00─112.00円の見通し、不安定な株価を注視

[東京 23日 ロイター] -

<07:32> ドル110.00─112.00円の見通し、不安定な株価を注視

ドル/円は111.25円付近、ユーロ/ドルは1.0637ドル付近、ユーロ/円は118.35円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.00―112.00円、ユーロ/ドルが1.0550─1.0750ドル、ユーロ/円が117.50―119.50円とみられている。

きょうの外為市場では「米国株先物が下落していることもあり、引き続き不安定な株価動向が最も注目される」(外為アナリスト)という。

外為市場では、世界的に強まっているドルへの需要も引き続きテーマとなっている。

前週末のニューヨーク市場では、米連邦準備理事会(FRB)が発表した一連のドル・クランチ対策を受けて、ドルが一時下落する場面がみられた。

FRBは19日、9カ国の中央銀行と新たに通貨スワップ協定を結んだと発表した。スワップ協定を結んだのはオーストラリア、ブラジル、韓国、メキシコ、シンガポール、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ニュージーランド(NZ)の中銀。FRBは2007─09年の金融危機時にも、これら中銀と通貨スワップを締結した。 FRBはさらに、日銀や欧州中央銀行(ECB)など他の5中銀とのドル・スワップ協定を通じた流動性供給について、これまで毎週行っている期間7日のドル供給を23日から毎日実施し、少なくとも4月末まで継続すると表明した。

ニューヨーク連銀は17日以降毎日実施している最大1兆ドルの翌日物レポオペを今月末まで継続すると発表した。従来は今週末までとしていた。

きょうは日本時間午後8時に主要7カ国・地域(G7)の財務相らが電話協議をする予定となっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below