March 26, 2020 / 3:06 AM / 4 months ago

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは110円後半、株大幅反落でじり安

[東京 26日 ロイター] -

<12:00> 正午のドルは110円後半、株大幅反落でじり安

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から円高の110円後半。日経平均が900円安まで下げ幅を拡大すると、じりじりと売りが強まった。

市場では「年初来高値の112円台が迫り、反発はそろそろ一巡するだろうとの見方から、もう一度上値で売りを仕掛ける動きが出ている」(トレーダー)との声が出ていた。

ドルは正午前に110.45円まで下落した。

<09:25> ドル110.78円まで下落、調達コストも上昇一服

ドルは110.78円まで下落。日経平均が600円近い下げとなったことを背景に、売りが先行している。最近のレンジ上限へ到達したことで、戻り売りを狙う向きもあるという。

先月半ば以降、急速に強まっていたドル需要が落ち着いてきたことも、ドル売りを誘っている。一時150bp付近まで膨らんだ3カ月物のドル/円ベーシスは、60bp付近まで縮小してきた。

<07:58> ドル110.20─111.50円の見通し、円売り一服

きょうの予想レンジはドル/円が110.20―111.50円、ユーロ/ドルが1.0800─1.0930ドル、ユーロ/円が120.50―121.50円付近。

海外市場のドルは111円台を中心とする最近の高値圏でもみあい。米株の切り返しを受けて相次いでいた「短期間で高水準に膨らんだ円買いポジションを圧縮する動き」(外銀)が落ち着いてきた、との指摘が出ている。

アジア株の下げが見込まれる日中は、ドルの上値が重くなる可能性もあるという。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below