March 29, 2020 / 10:46 PM / 4 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル107.30─108.80円の見通し、株価不安定で下値リスク

[東京 30日 ロイター] -

<07:35> ドル107.30─108.80円の見通し、株価不安定で下値リスク

ドル/円は107.76円付近、ユーロ/ドルは1.1108ドル付近、ユーロ/円は119.78円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が107.30―108.80円、ユーロ/ドルが1.1040─1.1190ドル、ユーロ/円が119.20―120.70円とみられている。

きょうは月末・期末を控えた五・十日に当たるため、実需のフローが東京市場の地合いを決めそうだ。27日は輸出の売りや日本企業の海外収益の自国送金(レパトリ)に伴うドル売り/円買いが目立っていた。

27日のニューヨーク市場では、米ミシガン大学が27日公表した3月の消費者信頼感指数(確報値)が89.1と、2016年10月以来の低水準に沈んだことや、米国株が下落したことが嫌気され、ドル売りが先行した。

これまでは、株高/ドル安という逆相関が成立していたが、前週末は「有事のドル買いは出ず、悪い景気指標や株安に素直に反応してドル安となった。きょうも不安定な株価が予想され、ドルへの目線は下がりやすい」(外為アナリスト)という。

また、米国での新型コロナウィルスの感染者の増加に歯止めがかからないなか、ユーロや英ポンドなど欧州通貨の反発が目立った。

米国で確認された新型コロナの感染者は27日に10万人を突破し、死者数は1600人以上に達した。各地の医療現場では人工呼吸器などの医療機器や医療用マスクなどの装備品の不足が一段と深刻化。ニューヨーク、ニューオーリンズ、デトロイトなど患者急増地域の病院からは経験豊富な医療スタッフの不足を訴える声も上がっている。 米議会下院は27日、2兆2000億ドル規模の新型コロナウイルス関連経済対策法案をほぼ全会一致で可決。トランプ大統領が直ちに署名し、法案は成立したが、「市場では織り込み済みであり、ドルの反応は鈍かった」(前出のアナリスト)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below