for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円前半、米ボーイングの大型起債が話題

[東京 1日 ロイター] -

<09:19> ドル107円前半、米ボーイングの大型起債が話題

前日海外でドル/円が買われた一因として、米金利が取引終盤にかけて大きく上昇したことを挙げる声が出ている。

10年国債利回りは日本時間午前3時頃からじりじりと上昇。0.57%台から取引終了前には0.65%をつけた。手がかりはボーイングの起債。事前ヒアリングで投資家が高い関心を示したことで、100─150億ドルの予定だった発行額を250億ドルへ増額した。

「大型起債で長期、超長期ゾーンの国債金利に上昇圧力がかかった」(証券)という。同時にドル/円は106円後半から107.50円まで一段高となった。

ドルは現在107円前半で底堅い動き。

<08:01> ドル106.50─107.50円の見通し、相場急変に注意

きょうの予想レンジはドル/円が106.50―107.50円、ユーロ/ドルが1.0900─1.1000ドル、ユーロ/円が116.50―117.50円付近。

ドル/円は海外市場で一段高。月末取引はドル売りが優勢との事前予想通り、ユーロやポンドが特段の手掛かりがない中で急伸したことで、クロス円が軒並み高となり、円売りが対ドルにも波及する形となった。

ドルは一時107.50円まで上昇。27日以来の高値をつけた。

日本の大型連休を控え、日中は国内勢の持ち高調整が先行する見込み。前日海外に続き「突発的な値動きには要注意」(外銀)だという。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up