for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル106.70─107.70円の見通し、コロナ後の経済再開期待が後押し

[東京 18日 ロイター] -

<07:38> ドル106.70─107.70円の見通し、コロナ後の経済再開期待が後押し

ドル/円は107.22円付近、ユーロ/ドルは1.0818ドル付近、ユーロ/円は115.88円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が106.70―107.70円、ユーロ/ドルが1.0770―1.0870ドル、ユーロ/円が115.40―116.40円とみられている。

きょうは「欧米を中心とした経済活動再開への期待で、ドルの下値は守られそうだ。一方、米中の対立激化を背景に、107円半ばから後半では上値が重い値動きとなるだろう」(外為アナリスト)という。

15日に発表された4月の米小売売上高は前月比16.4%の減少と、過去最大の減少幅を2カ月連続で更新した。

5月のニューヨーク州製造業景況指数はマイナス48.5。過去最低だった前月(マイナス78.2)から改善したものの、ゼロを大幅に下回る状態が続いている。同州では州内10地域のうち5地域で建築・製造施設の操業再開が認められたが、ニューヨーク市では引き続き厳格な制限措置が実施されている。

米中対立では、米商務省が15日、中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する輸出禁止措置を強化すると発表し、同社が米国の技術やソフトを利用した半導体を間接的に取得できないようにする新たなルールを発表した。

これに対し中国商務省は17日、米国の規制強化に強く抗議すると表明し、ファーウェイの権利と利益を守るため全ての必要な措置を講じる考えを示した。

さらに環球時報は15日、中国はが、米企業を「信頼できない実体の一覧表」に加える用意があると報じた。アップル、シスコシステムズ、クアルコムなどの米企業に対する調査開始や規制導入のほか、米航空機大手ボーイングからの購入停止などが挙げられるとしている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up