May 18, 2020 / 11:01 PM / 15 days ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル106.80─107.80円の見通し、株高・原油高・ユーロ高の流れ

[東京 19日 ロイター] -

<07:50> ドル106.80─107.80円の見通し、株高・原油高・ユーロ高の流れ

ドル/円は107.32円付近、ユーロ/ドルは1.0918ドル付近、ユーロ/円は117.14円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が106.80―107.80円、ユーロ/ドルが1.0860─1.0960ドル、ユーロ/円が116.70―117.70円とみられている。

前日の海外市場では、米モデルナが開発を進める新型コロナウイルスワクチンが初期段階の小規模治験で有望な結果を示したと発表し、ドルが107.50円まで買い進まれたほか、大幅な株高、原油高、資源国通貨やユーロの上昇につながった。

ユーロは前日の安値1.0800ドルから1.0927ドルへと100ポイント以上の上昇を遂げた。しかし、対ユーロでのドル安はドル/円の上値を抑える結果となり、ドル/円は伸び悩んだ。

前日は「米長期金利の持ち直しや原油価格の急伸にもかかわらずドル/円の上昇は限定的で、ほぼ蚊帳の外だった」(外為アナリスト)。きょうも、ドル/円だけは動意薄ということになりかねないという。

焦点は「前日の高値107.50円をしっかり上抜けられるか。ただ、その先の107.70円付近には、抵抗線があり、107円後半では上値が重くなりそうだ」(同)とみられる。

前日のユーロ高の背景にはフランスとドイツが18日、新型コロナの打撃を受けた加盟国への支援として、5000億ユーロ(5430億ドル)規模の復興基金の創設を提案したことがある。

復興基金の仕組みとしては、貸付(ローン)ではなく供与(グラント)の形で各国に資金を配分。資金の手当ては欧州委員会が行えるようにし、欧州連合(EU)名義による金融市場での借り入れを容認、資金は欧州の共通予算の下で返済する。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below