for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ121円後半、欧州復興基金案の合意に期待感も

[東京 9日 ロイター] -

<15:30> ユーロ121円後半、欧州復興基金案の合意に期待感も

ユーロは121.77円付近。一時121.95円まで上昇し、6日につけた3カ月ぶり高値121.96円に迫った。

ユーロ/ドルは1.1356ドル付近。一時1.1371ドルまで上昇し、6月11日以来約1カ月ぶり高値をつけた。

市場では欧州連合(EU)の復興基金案を協議する会合に関心が集まっている。 メルケル独首相は8日、EUの欧州委員会が提案した7500億ユーロ(8470億ドル)の新型コロナウイルス復興基金案について迅速に合意するよう呼び掛けた。新型コロナ危機からの脱却とともにEUの結束促進につながるという。 ミシェルEU大統領は、多くの交渉がなお必要だと述べた。

市場では、「専門家の間では、合意にはまだ相当距離があるとの見方が大勢だが、市場では合意に向けた期待感が先行している」(外国銀)との意見が聞かれた。

<13:30> ドル107円前半、ドル/円の取引高は2カ月ぶり低水準

ドルは107.28円付近で一進一退。107.50円付近にはオプション関連のオーダーが並ぶとされ、上方向の勢いがつきにくい状況だという。

市場では、今週に入ってドル/円の取引高が再び減少していることが話題となっている。

日銀のデータによると6日のドル/円スポット取引の取引高は20.5億ドルと5月18日以来約2カ月ぶりの低水準となった。7日には30.6億ドルと小幅に挽回したが、スポット取引高が50億ドルを超えない日が常態となりつつある。

「コロナ危機による貿易額の減少に加え、先行き不透明感が払拭できない中で、投資家はいざという時に逃げやすい投資に向かいやすい。第一の選択肢は国内で株式市場と債券市場の間で資金を動かすことで、クロスボーダーの投資は二の次、三の次になっているようだ」とFXプライムbyGMO、常務取締役の上田眞理人氏は言う。

このため、外為市場で実需に由来する円の取引は厚みが出にくく、投機筋も流動性が低下した通貨への参入を敬遠しがちだ。

こうした中、8日の外為市場では、英ポンドの上昇が目立った。英政府が外食やテイクアウトの付加価値税(VAT)の税率を一時的に20%から5%に引き下げると発表したことが英ポンド買いの手掛かりとなった。

英ポンド/円は前日134円半ばから135円前半まで上昇し、きょうも135.53円まで上昇して6月16日以来の高値を付けている。

前日の英ポンドの値動きをみても「投機のニーズは消失したわけではなく、彼らは手掛かりを探している」(上田氏)という。

<12:01> 正午のドルは107円前半、1週間半ぶり安値 対外直接投資半減も影響

正午のドルは前日NY市場終盤と変わらずの107円前半。上値の重さが目立つ展開は東京市場でも変わらず、ドルは一時107.18円まで下落。6月29日以来1週間半ぶり安値をつけた。

ドル/円の上値が重い一因として、対外直接投資の減少傾向を指摘する声もあった。前日発表の国際収支によると、今年1─5月の対外直接投資は合計で8兆3745億円と、前年同期の15兆3508億円から半減した。「その分、円売り圧力が減退する」(外銀)ことになるという。

<09:13> ユーロ121円半ば、3週ぶり高値圏 復興基金の協議始まる

ユーロは121円半ば。6日につけた3週間ぶり高値の121円後半を目前に、底堅い動きが続いている。

市場では、きょうから始まるユーログループ会合に関心が集まっている。17─18日の首脳会議に向けて、欧州連合(EU)の欧州委員会が提案した7500億ユーロの新型コロナウイルス復興基金案に関する議論が始まるためだ。

前日ブリュッセル入りしたメルケル独首相は、基金について「速やかな合意を望む。甚大な経済的大混乱に直面しており、時間を無駄にすることはできない。夏の休会までに合意に達することを願う」と述べた。

ただ、加盟国間の意見は依然割れており、市場でも来週の首脳会議で合意できるとの見方は少数だ。

<07:50> ドル106.80─107.60円の見通し、上値重い

きょうの予想レンジはドル/円が106.80―107.60円、ユーロ/ドルが1.1290─1.1360ドル、ユーロ/円が121.00―122.00円付近。

海外市場はドルが全面安。米株高でリスクオンとの解説が目立つが、円はドルほどの強さを見せず、ドルは107円半ばから前半へじり安となった。

米国では感染者数の増加が止まらず、金先物は4日続伸で8年10カ月ぶり高値を更新した。楽観ムード一色とは言い難い情勢だ。

それでも、ドル独歩安と円弱含みの組み合わせは、クロス円の押し上げにつながりやすい。前日、国内投資家の積極投資が明らかになった豪ドルは74円後半と、1カ月ぶり高値圏へ上昇している。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up