for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:ドル105.60─106.60円の見通し、反発は持ち高調整の域内か

[東京 10日 ロイター] -

<08:02> ドル105.60─106.60円の見通し、反発は持ち高調整の域内か

きょうの予想レンジはドル/円が105.60―106.60円、ユーロ/ドルが1.1760─1.1860ドル、ユーロ/円が124.50―125.60円付近。

米株の切り返しを受けて、海外市場ではドルと円が下落。欧州中央銀行(ECB)が国内総生産(GDP)見通しを上方修正する、欧州連合(EU)が英国との協議を継続する、英アストラゼネカがワクチンの臨床試験(治験)を来週再開するといった各報道が、リスクオフムードを緩和させたという。

東京市場の日中は、ECB理事会を控えて取引が手控えぎみとなりやすい。前日の動きは「ECB理事会前の持ち高調整的なユーロ買いだった可能性もある」(トレーダー)といい、理事会前に方向感を見出すのは難しそうだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up