for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕外為:米民主完勝で株高シナリオ浮上、「青い波」円押し下げ

[東京 9日 ロイター] -

<09:50> 米民主完勝で株高シナリオ浮上、「青い波」円押し下げ

米大統領選で上下院のすべてを民主党が制する「青い波(ブルーウエーブ)」が実現すると、株価が上昇するのではないかとのシナリオが急浮上してきた。従来は新型コロナ対応後の増税を警戒し株価にはマイナスとする見方が優勢だったが、民主党が強く主張する大規模な財政出動が実現する公算が高まるため、少なくとも当面は株価の押し上げに寄与するとの見方だ。

民主党のペロシ下院議長は8日、コロナ禍の打撃を受けた航空業界を支援する法案に関して「航空業界支援という枠組みを超えて、包括的な対策に取り組むとの保証を伴う必要がある」と語った。

民主党は今月1日、過半数を確保する下院で2兆2000億ドルの経済対策法案を可決した。トランプ政権は1兆6000億ドル規模の案を提示している。

「民主完勝が株高につながるとの見方が浸透すれば、円の下げ圧力が強まることになる」(トレーダー)という。

ドルは105円後半へ小幅下落した。きょうは実質的に、実需の売買が集中する5・10日にあたる。

<08:05> ドル105.80─106.50円の見通し、米選挙は民主優勢が不変

きょうの予想レンジはドル/円が105.80―106.50円、ユーロ/ドルが1.1730─1.1780ドル、ユーロ/円が124.30―125.00円付近。

海外市場はドルと円が弱含むリスクオン型の値動き。注目を集めた米副大統領候補による討論会は「民主党ややリードとの情勢を大きく変えるものではなかった」(外銀)といい、主要通貨に大きな変動を与えるものとはならなかった。

それでも前回選挙時と同様に「世論調査には表れない隠れトランプ氏支持者の動きはつかめない」(トレーダー)と警戒する声が多く、民主党勝利のシナリオも容易には描きづらい。日中も参加者の戸惑いを表すように、売買は交錯がちとなりそうだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up